ブログトップ > ハチクマ > ハチクマ

ハチクマ

2008年にTORIさんとタカ渡りで有名な白樺峠に遠征しました。 →遠くを見る眼('-'*)

結果はハチクマは撮れたもののサシバは撮れなかったのです。
1日1,000羽も飛ぶ日があるというのにです。ガックシ…_| ̄|○

いまだにサシバが撮れていないのが実に哀しいです。(;´Д`)ウウッ…

2008/09/25■白樺峠のタカ渡り(前編)
TORIさんからのメールが全ての始まりでした。 →遠くを見る眼('-'*)
--------------------------------------------------
Date: Thu, 18 Sep 2008 22:00
白樺峠でタカ渡りが始まったそうです (^^)
--------------------------------------------------
このメールを受信したとき自分は北海道大雪山に紅葉を見に行っていました。
恥ずかしながら自分は白樺峠のタカ渡りを知らなかったのです。(^_^;

旅から帰ってきて2~3日して気になってきたのです。

白樺峠は遠いし自分の家からだと6時間かかります。
アカショウビンじゃあるまいし遠すぎて行く気がしません。
若かった頃のように横浜から九州(手前の檀之浦PA)まで1日で走れる体力ありません。

会社保養所の空き室状況をチェックしたけど満室でした。
アカショウビンの時は車中泊だったけど車中泊で鳥見するなんて
年老いた今の自分には考えられません。無理ポ…_| ̄|○

でも、TORIさんは無類の猛禽好きだからね。
タカ柱とか見たいんだろうなぁ →遠くを見る眼('-'*)

白樺峠のタカ渡りをネットで調べたら有名なんですね。(^_^;

長玉(超望遠レンズ)の放列を敷いた大勢のバーダーの画像を見て
自分には無理だと思いました。1日座って見るし、タカが遠いんだもの。
歩き回って撮る自分のスタイルと違うので、お呼びでないと思いました。

近場の山のサシバの渡りなら、お付き合いできるかもと現実的な線で考えました。
クールな自分...さすがです。σ(^_^;)

それで、この事は、すっかり忘れてました。

白樺峠の遠征は無理だと自分で納得した筈なのに
風呂に入っていた時に突然、閃いたのです。キラン(-_☆)


そうだ!

今週末の土曜日に群馬の尾島R/Cエアポートの飛行会に行くジャン!
白樺峠までは約3~4時間あれば行けるよね。

TORIさんと同行して飛行会に行くのだから、タカ渡り行けるかも~
カメラ機材を、ちょこっと積めば良いだけです。
2日続きなので妻の了解を得られればの話ですが・・・(^_^;

とりあえず白樺峠のタカ渡りに関する情報を集めた自分です。
地図を眺めて妄想に耽っていたときにケータイが鳴りました。


ルルルー

TORIさんからでした、タカ渡りの話はまだ検討中なので言わないつもりでした。
でも、言っちゃいました。(^_^;

TORI「あ、やっぱり」...何故か以心伝心の鳥撮り仲間です。
彼もタカ渡りで、うなされていたのでしょう。(笑)

その後、妻の了解が得られたので白樺峠近くのタカ見客が利用したと
書いてあった新奈川温泉の旅館「川仙」に予約電話入れました。(^^)

男二人泊めてください、ゼーゼー(@_@)

あとは当日の天気が良いことを祈るばかりです。(-人-)

9月28日はサーマル(上昇気流)が発生する快晴となって欲しいです。
晴れてないとタカの渡りがないですからね。

ここ2~3日は晴マークがついているので一気に渡っちゃうかもしれません。(;_;)

時期的には9月28日は遅いと思うのですが、台風13号の影響で
雨続きの毎日だったし、28日までタカが渡りを控えてくれれば嬉しいです。(^_^;

自分からのケータイメールです。
--------------------------------------------------
Subject: 鷹渡り凄いぞ

23日450羽
24日975羽
トータル1万羽らしいので残り少ないです。
雨降って渡り止めてくれー
--------------------------------------------------
TORIさんからレスがきました。
--------------------------------------------------
Date: Wed, 24 Sep 2008 23:04

渡りタカ居なくなっちゃうじゃないですか!
雨ふれ!\(゜□゜)/
--------------------------------------------------
所詮、人間の深層心理なんて、こんなものです。(笑)

あーははは カックンカックン

毎日タカ渡り速報をチェックしている自分です。

--------------------------------------------------------------------------------
ここまでが行く前に書いた部分です、笑って後編を書けるのでしょうか?



2008/09/30■白樺峠のタカ渡り(続編)

タカ渡り数の推移が気になりますね。
9/23 晴、9/24 晴で、たくさん渡ったとのこと。
しかし、9/25 曇/雨、9/26 雨/曇で渡りがバッタリ途絶えています。
自分達の願い呪い でしょうか ←実に気の毒です(^^)

タカ見は9月28日に予定していたのですが、前日の午後に行けたのです。(^_^)V

で、結果ですが1羽もタカを見られなかったのです。
午前中は10分に1羽のペースで飛んだそうですが午後は皆無でした。(;´Д`)ウウッ…

-------------------------------------------------------------------------------
9月27日に予定していたラジコン飛行会が強風のために現地で中止となり、
機材の整備、多数のバッテリー充電と準備が全て無駄になりました。(;_;)

そうだ!タカ渡りを今日見られるジャン!キラン(-_☆)

全てをボジティブに考える自分です。゜☆,。*・゜★o(´▽`*)/♪

群馬県尾島から4時間かけて白樺峠に行きました。

スーパー林道は狭くて曲がりくねっているので運転には細心の注意が必要です。
カーブミラーに大きな白い車が見えたので、手前で止まって待ちました。

しかし、待ってあげたのに挨拶しないで通り過ぎたのです。(≧ヘ≦) ムゥ
このジジイは礼儀を知りません(自分もジジイだけど)
まったく~戦後の教育が悪いのです。

助手席のTORIさんに愚痴ったらビックリした顔して言われました。
「二度も頭下げてお辞儀してたよ、隣のおばさんも頭下げていたよ」ってね。


うげっ、(@_@)
これって、同じ事を妻に言われていたのです。(^_^;
すれ違う時に車との距離ばかり見ているものだから見逃したのでしよう。
TORIさんに指摘されると素直に反省する自分です。σ(^_^;)

午後2時到着、スーパー林道を上りつめて2つ目の駐車場に駐めました。

奥にも駐車場があるのですが、ここはトイレもあり登山口に近いのでベストです。

拍子抜けするほど空いていたのです。何故だ (゚Д゚≡゚Д゚)?
無料駐車場が満杯で駐められないのではないかと心配していたのは杞憂に終わりました。

20分ほど登ると開けた「たか見広場」があり、約80人ほどバーダーが陣取っていました。
ここには雨よけ避難小屋が3棟あるし、別にトイレも2つあります。

晴れているので期待してセットしたのですが、皆さん手持ち無沙汰の様子です。(^_^;
自分達は最後の午後5時まで粘ったのですが結局、タカは一羽も飛ばなかったのです。(泣)

タカ柱どころではありません、タカ渡りは天候に左右される

博打だと知りました。(笑)

今夜の宿はスーパー林道入り口にある合掌造りの宿です。
部屋にトイレはありません、狭いけど温泉は24時間OK、食事が美味しいです。
今の時期はタカ見客と渓流釣り客が多いようです。昼の弁当も注文できます。(・∀・)イイ!


2008/10/01■白樺峠のタカ渡り:ハチクマ

カラス カーで夜が明けました。(笑)
宿を出発するときは曇り空でしたが、峠にさしかかると晴れて日が差してきました。
自然とハイテンションになる二人です。ラリホー゜☆,。*・゜★o(´▽`*)/♪

しかし、ここは危険な山道走行です。
おしゃべりに付き合っている場合ではないのです。
お友達無くすかもしれないけど(毅然とした態度で)言ったのです。

「スマン!ここは運転に集中したいんだ」(きっぱり)

人の話を聞くのって、案外、疲れるものです。(^_^;
お友達でも言うべき時は言う、これって大事なことです。

何故、運転に集中しなきゃならないのかって?
自分は車の運転というのは武士の真剣勝負と同じだと思っているのです。

かの宮本武蔵は
ああだ!こうだ!


持論を熱く語る自分σ(^_^;)





TORI「あの~しゃべっているのはボクじゃないんですけど...」(ぼそっ)


ハッ (-o-;) そうですね、失礼しました。 m(_ _)m
無口で思ったことの千分の一も話せない損な性格だと自分では思っているのです。
ラジコン仲間が自分のことを”マシンガン”と言うのが理解できないです。
案外、自分のことを気付いていないものなんです、教えてやってください。(^_^;
大笑いしているうちに駐車場に着きました、午前8時少し前です。

先週の日曜日(9月21日)は早朝から駐車場が一杯だったと宿の女将が話していました。
その日は雨でタカの渡りは 0羽だったのです。←実に気の毒です(^^)

気になってとばして きたのですが今朝も空いてました。(゚Д゚≡゚Д゚)?
どうやら渡りの最盛期を過ぎたようで駐車場が空いているのが実に哀しいです。

昨日、下見(と言い張る)したので様子が、わかっているので余裕です(-。-)y-゜゜゜
朝から快晴なのでタカが、たくさん渡ってくれるのを期待しちゃいます。
午前中に、たくさん出ると思っていたのですが、たまに飛んでも遠くで
豆粒のように1羽で飛んでいるのが見えるだけです。
とても撮影距離内に入ってくれません。(;_;)

長玉(超望遠レンズ)が大勢いたのですが軽快に振り回せないし、
見晴らしが良くても空気の層が厚いので靄がかかったようでシャープな絵は撮れないと思います。

自分はサンヨン+×1.4エクステンダーなので撮影にあたって割り切りが必要です。
遠くのタカは証拠写真と割り切って撮る。
本命は自分達の頭上を飛ぶかもしれないタカに狙いを絞って撮ることにしました。
1回だけ頭上を通過してくれた初見初撮りハチクマです。(・∀・)イイ!

午後になると霧が発生して曇り空となり、タカの飛びが見られなくなりました。
この日はツミ、ハチクマ、サシバ、チゴハヤブサ、ハイタカ、オオタカ、ミサゴ、
アマツバメ、ホシガラスを見ることができましたが証拠写真です。(-o-;)

帰りも6~7時間かかるし、タカも出ないので午後1時半に下山しました。
帰宅してから連日雨続きとなりました。
峠は曇時々晴で2日目は少ないのですがタカが見られたので良しとしたいです。
楽しい遠征撮影でした、鳥撮り仲間TORIさんに感謝です。m(_ _)m

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM×1.4(手持ち)

80928398.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。



80928399.jpg


80928404.jpg


80928406.jpg


80928407.jpg


80928408.jpg


80928409.jpg











スポンサーサイト

コメント

とおりぃさん、コメントありがとうございます。m(_ _)m
1年前の思い出ですから〜
いつか一緒にハチクマ撮りたいですね。

2009年09月25日(金)15時13分58秒|URL|つねたん #DvfqpSoA|編集Λ

いいなぁ・・・エーン(謎?)

2009年09月25日(金)15時05分36秒|URL|とおりぃ #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://toshi03893.blog93.fc2.com/tb.php/27-dfda5749

profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
comment
archive
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り画像集 妻(y-fox画像) (1)
独り言 (37)
妻が撮った画像 (45)
旅先にて (15)
里山の野鳥 (17)
宮古島野鳥 (1)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
日本の野鳥 (619)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (1)
アカエリカイツブリ (1)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウグイス (6)
ウミネコ (1)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (2)
エゾヤマセミ (1)
エトピリカ (1)
エナガ (4)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオジュリン (2)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (2)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (1)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (10)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (7)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (2)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クサシギ (1)
クロサギ (1)
クロジ (7)
クロツグミ (2)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (1)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (3)
コゲラ (3)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (4)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (9)
コムクドリ (2)
コミミズク (5)
コヨシキリ (2)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (1)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (2)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (5)
ニシオジロビタキ (1)
ノゴマ (2)
ノスリ (8)
ノビタキ (5)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (4)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (1)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (10)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (4)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (1)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (8)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (14)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (12)
fc2counter
form
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw

まとめ

野鳥撮影入門