ブログトップ > 独り言 > フクロウありがとう、そして、さようなら

フクロウありがとう、そして、さようなら

ふと、地元で伝説のフクロウを撮りたいと思ったのです。
で、翌日の午前3時半に起きて4時半に出発しました。(^_^;
まだ暗い道を黒ずくめの服装で、花粉マスク、背中にゴツイ三脚を
くくりつけたカメラバックといういでたちは、どう見ても怪しいです。
警官と出会ったら間違いなく職務質問されると思います。(^_^;
ポイントと思われる場所に着いたのが午前5時15分です。
あたりは暗くて山中に踏み込むにはヘッドランプで
足下を照らさなくては一歩も歩けません。
霊感が皆無で脳天気な自分ですが、この時ばかりは恐怖感がありました。

;゚Д゚)))ガクガクブルブル

でも、フクロウを撮りたい一心で真っ暗な山道を独りで歩いたのです。
自分で自分を誉めてあげたいです。(*´∀`)
途中にある休憩地のベンチで撮影準備しました。
暗い条件下でのカメラ設定で試し撮りを試みたのですが、まるで撮れません。
この暗さでは特殊な暗視野カメラでないと撮れないと知りました。(´Д⊂グスン
それでも、せめてフクロウを見るだけでも叶うならと踏み出したのです。
しかし、一向に、その気配がありません、引き返そうとした、その時です!
「ホー ゴロスケ」と微かなフクロウの鳴き声が右奥でしたような気がしました。
で、その方向の更に真っ暗な山道に踏み込んだのです。オイオイ(^_^;
更に奥に行く分岐点に来たので立ち止まりました。
さっきの鳴き声は空耳だったのかもしれません。
アマチュア無線で鍛えた高感度聴感を研ぎ澄まして耳をそばだたせました。
その時に「ゴロスケ ホー」という鳴き声が微かに聞こえました。
た、確かに鳴いたよね。(喜)
方角はわかるのですが相当、距離があります...今回はあきらめて下山しました。

あるバーダーは2羽飛び去るのを昨年、見たそうです。
その情報や鳴き声の方向により棲んでいる場所の特定をしました。
フクロウのいる洞が見つかればオオコノハズクのように撮影できるからね。
でも、帰りに寄って樹洞を探しましたが見つかりません。(゚Д゚≡゚Д゚)?
以前、昼にカラスや鳥が激しく鳴き交わしていた神社林が近くにあります。
そこが怪しいのですが道もないし私有地なので確認することができません。
...ま、鳴き声が聞こえただけで良しと思いたいです。

帰り道で地元の名士つのぴーと出会いました。(^-^)/
フクロウのことを話すと「昔は、この近くでも鳴いていたよ」と言うのです。(@_@)
そして樹洞にいるフクロウを子供の頃、見た話をしてくれました。
そこって自分ちの、すぐそばジャン!
帰って食事も摂らずに現地にカメラを持って確認に行きました。
フクロウが好きなのねぇ。自分σ(^_^;)
周りが宅地開発されており、樹は残っているのですが”もぬけの殻”でした。
しばらく地元でフクロウ探しが続くかも・・・
--------------------------------------------------------------------------------
ココまでがアップしようとした部分です、ここから追記しました。

昨夜、恐い夢を見たのです。(;´Д`)ウウッ…

2日経ってから、ヤツは来ました。ヤツって(^_^;

得体のしれないナニか・・・

枕元に透明なナニかがスーと来たのです...ぞっとして目が覚めちゃいました。

里山とはいえ未明の山中を独りで歩いたので変な物の怪が憑いたのでしょうか?

神棚に手を合わせて守護してもらうようにお願いしました。(-人-)/U チ~ン

教訓:3月の暗い山中でのフクロウ探しは無理ポ…_| ̄|○

4月に入ったら明るくなるのでフクロウ探し再開するぞ ←懲りてない自分だ。σ(^_^;)
--------------------------------------------------------------------
フクロウ探索は、もう、あきらめていたんです。
4月中旬ともなると夜が明けるのが早くなり明るくなったからね。
カミさんとサウナスーツ着て近所をウォーキングしていた時のことです。
思いがけず近くで「ホーホーゴロスケホー」と鳴き声がしたのです。

うげっ、フクロウだ!(@_@)

先日、里山で微かに聞いたのに続き2回目です。
行けるかわかりませんが、だいたいの場所というか山が特定できました。
で、久し振りにフクロウ撮ろうと準備している自分がいます。(^_^;
EOS 40D+EF70-200mm F/4L IS USM(手持ち)
焦点距離は短いのですが強力な手振れ補正4段が強みなので証拠画像が撮れたらと思いました。
翌日の早朝、近所のフクロウ探索に行ってきました。
午前4時起きで出かけるなんて、ほとんどビョーキだ自分。σ(^_^;)
行ったけど姿はおろか声も聞けませんでした。
道が途切れたので草木を掴んで、急峻なガケ地をよじ登ったのですが
ここで倒れたら誰にも気付かれないで死を待つことになりそうだと思い引き返しました。
カミさんが言っていました「年金の元をとるまで死なないでね」オイオイ(^_^;
朝食も摂らずに山を歩きまわったので、どっと疲れました。無理ポ…_| ̄|○

もう、こんな生活イヤ!

フクロウありがとう、そして、さようなら

写真展でいただいた葉書(掲載許可済)ですが、こんな画像を撮りたいものです。 →遠くを見る眼('-'*)

ss-90901001.jpg










スポンサーサイト

profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
comment
archive
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り画像集 妻(y-fox画像) (1)
独り言 (37)
妻が撮った画像 (45)
旅先にて (15)
里山の野鳥 (17)
宮古島野鳥 (1)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
日本の野鳥 (619)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (1)
アカエリカイツブリ (1)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウグイス (6)
ウミネコ (1)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (2)
エゾヤマセミ (1)
エトピリカ (1)
エナガ (4)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオジュリン (2)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (2)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (1)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (10)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (7)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (2)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クサシギ (1)
クロサギ (1)
クロジ (7)
クロツグミ (2)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (1)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (3)
コゲラ (3)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (4)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (9)
コムクドリ (2)
コミミズク (5)
コヨシキリ (2)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (1)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (2)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (5)
ニシオジロビタキ (1)
ノゴマ (2)
ノスリ (8)
ノビタキ (5)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (4)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (1)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (10)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (4)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (1)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (8)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (14)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (12)
fc2counter
form
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw

まとめ

野鳥撮影入門