ブログトップ > アーカイブ - 2013年08月

注意し易いのか自分

気のせいかも知れないけど自分は注意し易いヤツと思われているようです。
一例としてアカショウビン撮りに行ったときにボクだけ注意されたのです。(T_T)ノ
鳥の出会い系に強い(笑)TORIIさんと一緒だったからアカショウビンに2度も会えました。
帰る時に何となく、もう一度、最初のポイントに足が向いた二人です。
ポイントに立ち止まって出た時の感慨にふけっていたときに声をかけられたのです。


「あの~ここで撮影しないでください」 オズオズ(^_^;

振り返ると、気が弱そうで実は小難しいと思われるヤツが声をかけてきたのです。
先ほどからチラチラ自分のことを見ていたので気になっていたのです。
「この木道 2mほどのところにアカショウビンが営巣しているのです」

自分「...あ、自分は先ほど撮れたので良いですよ」
と言って、その場を立ち去ったのですが、後で考えると実にトンチンカンな返事をしたものです。σ(^_^;)
そう言えば、このポイントの手前で、さっきは見かけなかった張り紙があったのです。
カメラのシャッター音でアカショウビンが近づかなくなったとの新聞記事をコピーしたものでした。
きっと、こいつが偏った情報をリークして書かせたに決まっています。(≧ヘ≦) ムゥ
フィールドスコープで野鳥観察している自分達の方が正しいバーダーだと思っているのでしょうか。
そして、ここで撮影する気の弱そうなカメラマンを見定めて注意するのです。
だいたい、シャッター音で野鳥は逃げません!
大勢でシャッター切っているときアカショウビンは「キョロローン」と気持ちよさそうに鳴いていました。
注意するならEOS 40Dの軽薄な音(笑)よりEOS 1Dの方がシャッター音が高いです。
フィールドスコープも含めて50人も待機している事がストレス与えていると思います。(きっぱり)

ラジコン仲間Mさんが書いていました。


記事抜粋
---------------------------------------------------------------
鳥撮りで頑張っているHPを見ると、機材と忍耐が必要だそうです。
今日も長いレンズにごつい3脚の人にジロリと睨まれました・・・
---------------------------------------------------------------
ジロリと睨まれましただって....よくあることです、情けないです。(-o-;)

ジャストタイミングで、こまたんがブログで書いていました。

記事抜粋
---------------------------------------------------------------
一部の人間は自分が正義であるかのように
勘違いをしている事に本人は気がついていない。
---------------------------------------------------------------
それにしても注意し易いのか?
間の抜けたスヌーピーのような顔している自分だからね。(^_^;)

地元の里山のカワセミ池でのことです。先客が2人いたので律儀に挨拶した自分です。
カワセミが出てないのを確認して一段下の浅瀬に降りてサービスセンターでの
ベストピント調整後の確認をしていました。
すると、上から声をかけられたのです。

「カワセミ狙いなら下に降りないでください!左の枝に来ることがあるので」

ちょっと癖のある顔したヤツで休日は、この場をしきっているのでしょうか。
従順な自分は文句を言わずに、その場を立ち去ったのです。(ヘタレとも言う)

後日、この話を地元のベテランに話したら、こう言うのです。
ベテラン「あそこは問題ないよ、下に降りても、ここのカワセミは左の枝に来るからね」
確かに~ TORIIさんと一緒の時に下に降りて近くで撮ったことがあったのです。
その後、注意してみると、みんな下に降りて撮ってるんです。

やっぱりだ!注意し易い自分だからでしょうか。…_| ̄|○ 

そしてベテランは「メタボ」の話をしてくれたのです。
メタボとは体型からくる渾名で赤シャツ、赤帽子のバーダーだそうです。
この話は里山以外での事です。
土手上に一列になって三脚を並べてカワセミが出るのを待っていたら、
後からメタボがやってきて勝手に下の浅瀬に降りてしまったのです。
「下にいるとカワセミ来なくなるから」と何度、注意しても言うことを聞きません。
一人が降りて、肩に手をかけたところ、暴力を振るわれたと110番したので
パトカーが来て大騒ぎとなったそうです。(-o-;)
土手上にいた3人も証人として事情聴取されたとのこと。

その後、メタボは現れなくなったそうですが、皆さんの近くで見かけたら要注意です。
自分もメタボだけど、人の注意は甘んじて受ける気が弱い男なんです。σ(^_^;)
---------------------------------------------------------------
先日、ハヤブサ撮りに、しらす丼で有名な島に行きました。
ラジコン仲間Mさんに5日遅れで行ったことになります。(^o^)
カメラザックを足下に置いて三脚を立てて機材を準備していた時のことです。

「ザックはそこに置かない!あっちに置く!そこは人が歩くから!」
と口をへの字に結んだ気難しい顔のジジイが近づいて来て言ったのです。
自分もジジイだけど、そんな失礼な事は言いません!(≧ヘ≦) ムゥ
後で「地元の人には敵わねぇよ」と言っていたので地元の人ではないようです。

どこにでも場を仕切りたがる自称ベテランがいるのには困ります。(≧ヘ≦) ムゥ
自分達がカメラザックを仮置きした場所は通り路ではありません!(きっぱり)
・・・だから、その場所は意地でも変えませんでした。(▼▼メ) y-
その後、自分達が三脚にカメラザックを吊り下げたのを見て...黙ってしまいました。

観察していると少し離れた所に他の人が置いても何も言わないのです。
要するに自分のテリトリーの近くに来た人間を排除するために攻撃するのです。
若者が二人「あの~皆さん何を狙っているのですか?」とコイツに聞いてました。
口をヘの字にして無言で睨みつけてました。オイオイ(^_^;

そして海に向かって立ち小○する最低の輩(ヤカラ)でした。
TORIIさんは鷹揚に構えて文句言いません。(-。-)y-゜゜゜
流石「金持ち喧嘩せず」ですね...自分はナメられ易いのでしょうか?


バーロ~ ゼーゼー(@_@)

歳をとると怒りっぽくなると言うのは本当です。σ(^_^;) 

今年、宮古島に行った時のことです。
大野山林はブラインドが必要と書いてあったので迷彩ネットを用意しました。
妻の分は鳥友TORIIさんに借りて2枚用意したのです。流石です自分σ(^_^;)

しかし現地に3日間通ったけどブラインド張るカメラマンは皆無でした。
リュウキュウアカショウビンも至近距離に出てくれたり大サービスでした。
出ない時は、しばらく待てばすぐに出てくれていたのです。

待機していた時に後ろから声をかけられました。
某氏「ブラインドお持ちですか?」言葉は丁寧ですがトゲがあります。
自分「持ってきていますが車に置いてきました」
すると「野鳥が警戒して出て来ない」と言うのです。
ブラインド無しでも至近距離で出てくれるのに~(≧ヘ≦) ムゥ
団体ツアーメンバーにも文句言っていたそうです。
自分は注意し易い軟弱な男と思われるのでしょうか?
これからは全身迷彩の帽子&ジャケットで黒いサングラスをかけて
外見だけでも強面にして自衛しなければなりません。(T_T)ノ































スポンサーサイト

ブログトップ > アーカイブ - 2013年08月

里山便り(2013/7/28)

久し振りに鳥友TORIさんと近所の里山に行きました。
出会った野鳥:カワセミ、カイツブリ

至近距離で止まっていたカワセミ幼鳥を見つけたTORIさん流石です。
光線の加減がイマイチの場所ですが近いのは、うれしいです。(^-^)
カイツブリは昨年に続き干上がる場所に巣を作って失敗カモ
学習能力無いのか!小一時間問い詰めたい。

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)

至近距離のカワセミ
s-1307280027.jpg

背から腰がきれいだ
s-1307280052.jpg

SIGMA APO50-500mmでは飛び出しが撮れない未熟者です。σ(^_^;)
s-1307280062.jpg

カイツブリ
s-1307280006.jpg




















profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
comment
archive
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り画像集 妻(y-fox画像) (1)
独り言 (38)
妻が撮った画像 (45)
旅先にて (15)
里山の野鳥 (17)
宮古島野鳥 (1)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
日本の野鳥 (623)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (1)
アカエリカイツブリ (1)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウグイス (6)
ウミネコ (1)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (2)
エゾヤマセミ (1)
エトピリカ (1)
エナガ (4)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオジュリン (2)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (2)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (1)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (10)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (8)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (2)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クサシギ (1)
クロサギ (1)
クロジ (7)
クロツグミ (2)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (1)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (3)
コゲラ (3)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (4)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (9)
コムクドリ (2)
コミミズク (5)
コヨシキリ (2)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (1)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (4)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (5)
ニシオジロビタキ (1)
ノゴマ (2)
ノスリ (8)
ノビタキ (6)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (4)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (1)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (10)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (4)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (1)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (8)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (14)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (12)
fc2counter
form
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw

まとめ

野鳥撮影入門