ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

キビタキ(y-fox妻画像)

富士山奥庭の帰りに立ち寄った暗い水場です。
y-fox妻が撮った画像ですが、自分と同じように撮れています。(@_@)
高感度カメラの有意差(7Dと40D)が、あっても同じように
撮れたのは三脚使用だからでしょう。基本だからね。(-。-)y-゜゜゜
でも自分は健康のために歩くのがメインの野鳥撮影なので
従来通り手持ち撮影します。言い訳できるし
鳥友からEメールいただきました。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------------
追伸:奥様センスがよろしいようですね。
もう追い越されてると思いますよ、素直に認めましょうね! by 浦ちゃん
-------------------------------------------------------------------------
自分:はい、認めます。鳥撮りはセンスなんですね…_| ̄|○
以後はy-fox妻にタメ口きかないようにします。(¬з¬)ほんとかなぁ

EOS 40D+EF300mm F/4L IS USM(三脚)
s-121013y0638ab.jpg

s-121013y0648ab.jpg

s-121013y0671ab.jpg

s-121013y0702ab.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

続きを読む

スポンサーサイト



ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

ルリビタキ(t-fox妻)

奥庭シリーズです。色が出ていないルリビタキ雄と雌

EOS 40D+EF300mm F/4L IS USM(三脚)
s-121013y0166ab.jpg

s-121013y0325ab.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

ウソ 妻(y-fox)画像

奥庭シリーズ:ウソ♂♀ 顔が黒いけど目が出ました。(^-^)

EOS 40D+EF300mm F/4L IS USM(三脚)
s-121013y0306ab.jpg

s-121013y0237ab.jpg






































ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

キクイタダキ(y-fox妻画像)

ホシガラスが良く撮れていたのは近かったし大きいからと
思っていたのです。ま、ビギナーズラックとでも言いましょうか
始めたばかりの頃は、まぐれで良い画像が撮れるのです。(-。-)y-゜゜゜

EOS 40D+EF300mm F/4L IS USM(三脚)
s-121013y0100.jpg

s-121013y0103.jpg

s-121013y0108a.jpg

ボケているけど菊が開いているのが撮れています。
s-121013y0117a.jpg




























ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

ホシガラス(y-fox妻画像)

富士山の降雪がテレビのニュースで報じられていました。
11月には奥庭荘も休館します。
野鳥撮影入門したばかりのy-fox妻に親指AF、バックが山の場合はMFで撮るとか
暗い場所ではISO感度を常用400から800にあげるとか教えてあげました。
手持ち撮影と違って三脚使用なので40Dでも暗いところで撮れています。
今回のホシガラスは近いので良く撮れていますね。←上から目線だ自分σ(^_^;)

近さは技術を駆逐する!

今までのお供とは違って自分で撮るとなると興味が湧くようです。

EOS 40D+EF300mm F/4L IS USM(三脚)ノートリミング
s-121013y0156a.jpg

二羽揃いが撮れました。(^_^)V
s-121013y0360a.jpg

枝止まりが撮れました
s-121013y0368a.jpg

こういうの好きです。(*´∀`)
s-121013y0413a.jpg
















ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

美し過ぎるキビタキ

昨日は2つの写真展を見てきました。(・∀・)イイ!
旅人さん達の次元を超えた素晴らしい画像に圧倒されました。
泉の森展では憧れのサンタナご夫妻と再会できました。(^-^)

富士山の帰り道、湖の水場に寄ってきました。
ベストシーズンは12月~3月なので、まだ早いかもしれません。
誰もいないと思ったら3人のカメラマンがいました。
地味なキビタキ雌が飛び回っていましたが雄は出ません。
午前11時に撮った雄の画像を見せていただきました。
以前、初めて来たときと同じです。 →遠くを見る眼('-'*)
皆さんが帰ったので自分も「帰ろう」と言ったのですが
妻が「まだ居る」というので渋々、待っていました。
と、その時です。目にも鮮やかなイエローの雄が出たのです。
帰っていたら会えなかったので鳥運が強い妻に感謝です。
しかも近くまで飛んで来て水浴びしてくれました。(^-^)

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)ISO1600
s-1210131235.jpg

s-1210131285a.jpg


下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

若いルリビタキ

富士山奥庭シリーズ最後に登場するのは幸せの青い鳥ルリビタキです。
最初に出たのは地味な雌でした。(^_^;
奥にチラッと見えた青い雄の成鳥は遂に水場に来ませんでした。(T_T)ノ
代わりに出たのは若鳥の雄で尾羽の部分が青です。
その後、真打ち登場と思ったルリビタキ成鳥雄でしたが鹿の子模様です。(T_T)ノ
青が綺麗に出ていないので2年成鳥とのこと。(¬з¬)ほんとかなぁ
入れ替わり立ち替わり水場に出て楽しませてくれました。(^-^)
ルリビタキ雄の最も綺麗な3年成鳥を今年も見たいです。 →遠くを見る眼('-'*)

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)
s-1210130303a.jpg

s-1210130210a.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

ウソ本当の話

富士山奥庭シリーズです。次に飛来したのは地味な色のウソ雌です。
そして雄もやってきたのですが赤が少ない若鳥でした。(T_T)ノ
水浴びする前に撮りたいのですが、なかなか撮れなくて・・・
すっかり水浸しになったウソはベテランはシャッター切りません。
今期初見だったし光量もあがったので、たくさん撮ったのですが
掃除(画像整理)段階でボツとしました。
頻繁に出る奥庭では濡れたら撮らないって本当でした。(;´Д`)ウウッ…

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)
ウソ若鳥雄
s-1210130825a.jpg

ウソ雌
s-1210130863.jpg

仲良く混浴(後ろが雌、右がルリビタキ雄)
s-1210130615.jpg

上が気になるビショビショになった雄
s-1210130622.jpg

































ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

キクイタダキ

富士山奥庭で撮りたかったキクイタダキが撮れました。
初見初撮り
午前7時頃なので暗くてSS(シャッタースピード)が上がらない時でした。
いきなり小さな鳥が水場に現れました。「キクッ、キクッが出た!」と
押し殺した声が聞こえたので慌てて目を見張ると、いましたいました。
それまでホシガラスを撮っていたので50-500mmレンズを縮めて
270mmにして撮っていたので、そのまま撮った画像は小さいです。
途中から気づいて500mmに変えて撮ったのですがイマイチ画像でした。
折角のチャンスを活かせない自分、修行が足りません。駄目ポ...._| ̄|○
後で菊が開いた素晴らしい画像を見せてもらいましたが
興奮すると冠羽が立って赤が出ると言っていました。
諸説ふんぷんで真相は自分にはわかりません。(゚Д゚≡゚Д゚)?
暗いのでISO1600設定でしたが、なんとか撮れて良かったです。(^-^)

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)

後頭部に少し赤が入っている
s-1210130177a.jpg

これも赤が少し見えます←言い張るσ(^_^;)
s-1210130175.jpg

s-1210130181.jpg

270mmで撮った小さな画像
s-1210130158a.jpg


























ブログトップ > アーカイブ - 2012年10月

至近ホシガラス

Tさんの富士山奥庭探鳥紀行を読んだら行きたくなりました。(・∀・)イイ!
でもアップしてから1ヶ月も経っているし、ホシガラスは麓に降りたという話もあり
遠征するのを躊躇したのですが結局、リベンジするべく出かけました。
リベンジとは実は先日、キビタキ雄を撮りたくて長野に遠征したのです。
でも野鳥もカメラマンも皆無でした。(;´Д`)ウウッ…
地元の方に聞くと今は夏鳥が抜けて冬鳥が来ない端境期とのこと。
鳥友TORIさんと初めて行った時はアカショウビンを初見初撮りできて
交尾まで目撃したのです。クロツグミ、ミソサザイ、キビタキ雄等、
たくさん撮れた記憶が残っていたのですが・・・駄目ポ...._| ̄|○
●アカショウビン ここをクリック してください。
下調べ無しで思いつきで行くと駄目なのが身に染みました。(T_T)ノ

早朝6時に奥庭に着いたけど、この寒い時期なので誰も来ていません。(^_^;
水場に着いたら茶色の小鳥とホシガラスが飛び立ちました。いるジャン!(@_@)
機材をセットしていたら奥庭荘のオーナーが優しく声をかけてくれました。
そしてポリタンク2本(40㍑)の貴重な水を氷が張った水場に入れてくれたのです。感謝!
すぐにホシガラスが飛来したのですが、まだ暗くて画になりません。
徐々に光量が増してきたのですが基本的に水場は暗いです。
手持ち撮影で暗いレンズF5.6の自分は7DカメラのISO感度を1600~3200まであげました。
ホシガラスは数羽の個体が次々に飛来して出っぱなし状態でした。(^_^)V
誰かが「いつもと違って今日は鳥運が良い」と言っていました。(笑)
出会った野鳥:ホシガラス、キクイタダキ、ルリビタキ、ウソ、ヒガラ等
画像整理次第、自分と妻が撮った画像を順次アップします。

久し振りに「お気に入り画像集」に追加しました。(^-^)
●お気に入り画像集 ここをクリック してください。

《参考情報》

10月中旬は日中でも7℃以下で寒いので防寒対策が必要です。
近距離なので常連のカメラマンは短焦点レンズで撮影していました。
自分も次回は70-200mmや300mmの短焦点レンズF4で撮りたいです。
それからカメラザックは指定された離れた場所に置かないと注意されます。
後で知ったのですが奥庭荘の定食や松茸料理が素晴らしいそうで食べたかった。

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)全てノートリミング

s-1210130223a.jpg

2羽揃い
s-1210130742.jpg

s-1210130852.jpg

s-1210130903.jpg





























profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り y-fox妻画像集 (1)
独り言 (40)
妻が撮った画像 (48)
旅先にて (16)
里山便り (19)
宮古島野鳥 (1)
アメリカ野鳥 (22)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
イギリス野鳥 (3)
日本の野鳥 (673)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (2)
アカエリカイツブリ (2)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハシハジロ (1)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウミネコ (1)
ウグイス (6)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (3)
エゾヤマセミ (2)
エトピリカ (1)
エナガ (5)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (2)
オオジュリン (3)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (3)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (2)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (11)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (8)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (3)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クビワキンクロ (4)
クサシギ (1)
クロアシアホウドリ (1)
クロサギ (1)
クロジ (7)
クロツグミ (3)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (2)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コアホウドリ (1)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (3)
コゲラ (4)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (5)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (11)
コムクドリ (2)
コミミズク (6)
コヨシキリ (3)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (2)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
タンチョウ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (4)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (6)
ニシオジロビタキ (1)
ニュウナイスズメ (2)
ノゴマ (3)
ノスリ (8)
ノビタキ (7)
ハイイロチュウヒ (6)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (5)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (2)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (14)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (5)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (2)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (5)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (10)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (15)
メジロガモ (2)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (2)
ヤマゲラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (12)
archive
fc2counter
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw

野鳥撮影入門