ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

オオジシギ

道北の原野で見たかったのですが見られませんでした。
移動中の車内から電柱の上に止まっているオオジシギを見つけました。
慌ててUターンして車の中から手持ちで撮りました。(^_^)V
空抜けで色が出ないし人工物の上ですが初見初撮り
いつか豪快なディプレイ飛翔を見たいです。 →遠くを見る眼('-'*)

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)

s-110710119.jpg

s-110710127.jpg

s-110710129.jpg





















スポンサーサイト



ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

アカエリカイツブリ

道北の原野にて ノートリミング、初見初撮りです。(^^)

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)

s-110710144.jpg

s-110710166a.jpg

s-110710164a.jpg

















ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

ノゴマ

喉が鮮やかな朱色のノゴマ雄は天売島の、
そこかしこで鳴いていました。初見初撮り

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)
ノゴマ♂
s-110710340.jpg

ノゴマ♀

s-110710218a.jpg

s-110710347a.jpg

s-110710408a.jpg




















ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

ウトウ

ウトウは至近距離で撮れるようなのでナメていました。(^_^;
間違っても望遠レンズ持って行かないようにとのアドバイスをいただきながら
使い慣れた70-200mmならOKと思ったのが・・・失敗でした。
y-fox妻のコンデジ(日付入り画像)に負けました。初見初撮り
60万羽のウトウの帰巣シーンは一度は体験して良いと思います。
送迎バスが1時間で帰るのは道路がウトウだらけになって帰れなくなるから(笑)
こんなシーンが、いつまで見られるのでしょうか。(ぼそっ)
7月に入ると巣立ちを促す親鳥は餌を持ってくるのが少なくなるとのこと。
たまに持ってくると待ち構えたオオセグロカモメやウミネコに追い回され
横取りされるのです。
でも決してウトウを傷つけないのは餌を持ってくるからだそうです。(笑)
5月はキビナゴ、6月はマイワシを口いっぱいに持ってくるシーンが撮れるようです。

《関連記事リンク》

●北海道14日間探鳥と花紀行2011 ここをクリック してください。


EOS 7D+EF70-200mm F/4L IS USM(手持ち)2枚
s-110711001.jpg

s-110710752.jpg

以下2枚は妻が撮ったコンデジ画像です。

s-110709s228.jpg

s-110709s227.jpg



















ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

ケイマフリ

ケイマフリは簡単に撮れると思っていました。
陸上にあがった個体はいなくてボートの周りを高速で飛ぶ個体と
遠く海上に浮かぶケイマフリは撮りにくかった。初見初撮り
おまけとしてゴマフアザラシを載せます。(^_^;

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)

s-110710880a.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

ウミガラス

遙か彼方の崖のウミガラスを500mm望遠で狙うのは至難の業です。
波に揺れる小さなボートの手持ち撮影はブレ画像を量産しました。(汗)
s-110709s192.jpg
ウミガラスのデコイが立ち並ぶ洞窟を見ていたら、すぐに1羽がヨチヨチとペンギン歩きで
現れてお立ち台の上に乗り翼を広げて、まるで歓迎してくれるかのようでした。(^^)
しばらくすると、もう1羽が現れて翼をバタバタして大サービスしてくれました。
帰りに再度、立ち寄った時も2羽が出てきて翼を広げてから洞窟の奥に消えました。

翌日、操船技術抜群のご主人が「あんたらよっぽど普段の行いが良いんだね」
と言ったので「実は伯母さんの墓参りに来たんです」と言ったら
「そうか!それに違いない!」と言うのです。
奇跡的に霧が晴れて波が穏やかだったのでボート出せたけど
お客さん乗せるのは今年初めてだそうです。
昔は8千羽いたけどいまでは10~20羽しかいなくて見ることはなかなかできないとのこと。
帰りに港の土産物店に立ち寄り、y-fox妻が「オロロン鳥のお土産ありますか?」
と聞いたら「ないよ。昔はいたけど今は少なくなって見られないからね」
y-fox妻「オロロン鳥見ましたよ」
おばあ「それは偽物(デコイ)だよ」(きっぱり)
y-fox妻「でも羽ばたいていましたよ」
おばあ「うそだ!」言い切る。
この会話から、いかにウミガラス(オロロン鳥とも言う)を見ることが少ないかわかります。
ボートを貸しきりで出してくれたこと。ウミガラス、ケイマフリ、ウトウ他、見られたこと。
今年の鳥運使い切ったかも。初見初撮り

《関連記事リンク》

●北海道14日間探鳥と花紀行2011 ここをクリック してください。


EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)
s-110710618a.jpg

s-110710685a.jpg

s-110710711a.jpg

s-110710724a.jpg

s-110710732a.jpg























ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

深紅のベニマシコ

天売島の木道を歩いていたときに近くに出てくれた
深紅のベニマシコ♂です。大サービスしてくれました。(^^)

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)

s-110710505a.jpg

s-110710576a.jpg

s-110710551a.jpg





















ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

ギンザンマシコ

2週間の北海道旅行に行ってきました。
画像はお土産に買ったものです。
s-110723001.jpg

以前、丸腰のベテランから「北海道でギンザンマシコ撮ったよ」と言われたことがありました。
北海道まで鳥撮りに行くとは夢にも思ってもいなかった自分は他人事と聞き流していました。
相互リンクしていただいているH氏ブログを見たら北海道でウトウやウミガラス(オロロン鳥)を
見事に撮った画像がアップされていました。
真のバーダーは地の果てまで鳥撮りに行くのですね。自分には考えられません。

ところで自分は生前お世話になった伯母の墓参りとガーデン巡りで北海道に行く直前でした。
オロロンラインをひた走り幌延まで行くのです。ん?
オロロンって? 天売島ってどこ?(゚Д゚≡゚Д゚)?
地図で確認したら伯母の墓の近くじゃないですか!驚きました。(@_@)
当初は観光目的でコンデジ持参のつもりでしたが
撮影機材フル装備持って行くことにしました。(笑)
天売島での撮影のアドバイスをいただいたH氏に感謝です。m(_ _)m
大雪山のギンザンマシコも無理矢理、日程変更して盛り込みました。

この時期、本州は梅雨明け間近ですが北海道は蝦夷梅雨の真っ最中です。(T_T)ノ
この日の天気だけ晴れだったので始発ロープウェイで登りました。
しかし、ポイントに着いてもカメラマン一人も来ません。
と言うことは、いないと言うことです。営巣時期は6月末で大砲レンズの砲列で
シャッター音が凄かったとツアーガイドが言っています。
ふと見ると遠くのハイマツの上に鳥が・・・ギンザンマシコ♀です。初見初撮り

ギンザンマシコを見に来たと言う女性バーダーにモニター画像を見せてあげました。
この時は、その後に起こる哀しい出来事を予想だにしていなかった自分です。
その後、待てど暮らせどギンザンマシコ現れません。
待つこと3時間、遙か遠くに飛んだ鳥が見えました。
カメレオンと同じで動体にのみ反応する自分です。
女性バーダーに教えてシャッター切りましたが遠すぎて自信がありません。
女性バーダー「首を回している、嘴が見えました!」
自分はファインダー覗いても紅い被写体は止まったまま動きません。(゚Д゚≡゚Д゚)?
y-fox妻「お父さん、違う場所を見ているんじゃないの?」
女性バーダー「あ!飛んだ!」
慌ててフィンダーを確認したのですが止まったままです。
よく見たら紅い松ボックリでした。
思い込みが強い自分の性格が裏目にでました。駄目ポ...._| ̄|○
でも良いの良いの!時季外れでもギンザンマシコ♀が撮れたし、
感謝されたんだからね。

EOS7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(三脚)
s-110710040.jpg

s-110710042.jpg

s-110710048.jpg

この話には続きがあります。

帰宅して画像チェックしたら、なんと!
最初の1枚にギンザンマシコが写っていたのです。
直後に移動したのを追えてなかったのですね。
証拠写真ですが嬉しかったです。

元画像の赤い丸の中がギンザンマシコで次がトリミングした証拠写真です (^_^;
s-110710054a2.jpg

s-110710054a1.jpg






















profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り y-fox妻画像集 (1)
独り言 (40)
妻が撮った画像 (48)
旅先にて (16)
里山便り (19)
宮古島野鳥 (1)
アメリカ野鳥 (22)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
イギリス野鳥 (3)
日本の野鳥 (673)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (2)
アカエリカイツブリ (2)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハシハジロ (1)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウミネコ (1)
ウグイス (6)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (3)
エゾヤマセミ (2)
エトピリカ (1)
エナガ (5)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (2)
オオジュリン (3)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (3)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (2)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (11)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (8)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (3)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クビワキンクロ (4)
クサシギ (1)
クロアシアホウドリ (1)
クロサギ (1)
クロジ (7)
クロツグミ (3)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (2)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コアホウドリ (1)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (3)
コゲラ (4)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (5)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (11)
コムクドリ (2)
コミミズク (6)
コヨシキリ (3)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (2)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
タンチョウ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (4)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (6)
ニシオジロビタキ (1)
ニュウナイスズメ (2)
ノゴマ (3)
ノスリ (8)
ノビタキ (7)
ハイイロチュウヒ (6)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (5)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (2)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (14)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (5)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (2)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (5)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (10)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (15)
メジロガモ (2)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (2)
ヤマゲラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (12)
archive
fc2counter
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw

野鳥撮影入門