ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

白樺峠ホシガラス

白樺峠で撮れたホシガラスの飛びモノです。
遠くて小さい証拠写真です (^_^;

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM×1.4(手持ち)


s-10923035a.jpg


s-10923026a.jpg
















スポンサーサイト



ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

白樺峠ミサゴ

白いのでミサゴと解ります。証拠写真です (^_^;

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM×1.4(手持ち)


s-10923002.jpg




















ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

白樺峠タカ渡り2010

出発直前の天気予報です。

100919.jpg

うげっ、早くも雨に変わってるジャン!

折角、前倒しした日程ですが20日は曇り一時雨に変わっていました。
19日は晴れだったのに渡りは約400羽と思ったより少なかったようです。
この調子ではタカ渡りのピークは21日~22日でしょうか?
延べ4日間滞在するので天気予報を見ながらタカ見の日を調整することにします。
それにしてもサシバだけでも約1,000羽が近くの森で上昇気流が発生するのを
待っているのです。これって凄くないですか。期待しちゃいます。
いよいよ今晩、出発します。良いタカ渡りが見られますように(-人-)/U

カラス、かーで夜が明けました。

--------------------------------------------------------------------------------
9月20日(月)雨/曇

峠の駐車場に午前7時半に到着したけど雨が降っているので2時間車で待機しました。(T_T)ノ
雨の合間に出たのはミサゴ、ホシガラス、サシバ、ツミ、未見(アオバト)少ないです。
天気が悪くて出ないので午後2時に撤収して旅館に行きました。明日こそ!(泣)
--------------------------------------------------------------------------------
9月21日(火)雨/晴

タカ研の方が言ってました「20年、渡りの調査してるけど、こんなに少ない年は初めて」
直近では最も出が悪い日に居合わせた可哀想を絵に描いたようなボクです。

収穫は手の平にとまったクジャクチョウをコンデジで撮影できたこと。オイオイ(^_^;
s-10923s022.jpg

6羽のタカ柱が見られた。←数が少なくてもタカ柱と言い張るσ(^_^;)
遙か高空を渡る豆粒のようなハチクマは無理ポ…_| ̄|○
午後4時に撤収し片道2時間半かけて白樺湖近くの会社保養所に行きました。
--------------------------------------------------------------------------------
9月22日(水)曇/雨

会社保養所から峠まで遠いし天気悪いので今日はタカ見やめて
観光でもと思ったのですが...y-fox妻が言ったのです。「タカ柱見たい」
予約した朝食を食べずに4時半に出発して7時現着、広場に登りました。
途中、コンビニで食料品買い損ねて空腹のままの鳥見です。(T_T)ノ
今日は午前中が勝負なので雨降りの中、ひたすらタカ渡りを待ちました。
s-10923s043.jpg

短時間の晴れ間にハチクマ、ハリオアマツバメ等が出たので来て良かったです。
しかし雨が強くなってきたので午前11時に撤収しました。
麓に降りたら良い天気です。(゚Д゚≡゚Д゚)?
峠は濃い雨雲に覆われて降っていたのです。(;´Д`)ウウッ…

赤そばの里とバラクラガーデン観光して会社保養所に帰りました。
--------------------------------------------------------------------------------
9月23日(木)雨

昨夜からの豪雨が、やまないので終日アウトレットでのショッピングです。(T_T)ノ
晴れていたら頑張ってタカ見に行ったのに残念です。駄目ポ...._| ̄|○
--------------------------------------------------------------------------------
業務連絡

*ここでのタカ渡り観察はトイレが有る峠駐車場での車中泊がベストかも
水場はないけど必要ならポリタンクに入れて持ってくれば良いのです。

*NHKが撮影していました1週間滞在ロケとのこと。
「さわやか自然百景」放映は10月30日(土)午前8時45分~9時予定です。見てね!

*白樺峠タカ渡り速報によると9月25日は約4,000羽渡ったそうです。(;´Д`)ウウッ…


















ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

オグロシギ

炎天下の広大な田圃を1時間も歩きまわって、
たいした収穫がないまま駐車場に戻った二人です。ガックシ…_| ̄|○

車のドアを開けた時にTORII師匠が言ったのです。
「あそこにカメラマンが集まっている!」
めざといTORII師匠は走って行っちゃいました。(^_^;
すぐ近くに水をたたえた休耕田がありシギの群れが遠くにいました。
オグロシギ初見初撮り
最後の最後で撮れるなんて思いもしなかったです。流石ですTORII師匠!

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(手持ち)

s-10918204a.jpg

s-10918206.jpg

s-10918222.jpg
























ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

ケリ

タマシギを探し回りましたが今年は休耕田が見つかりません。
その時、見慣れない鳥が飛んでいるのを見つけました。
見たことがない鳥ですがケリではないかと思ったのです。
画像を野鳥図鑑で確認したらケリでした。初見初撮り

TORIIさんに教えようと振り返ったら何やら畦道を狙っています。
自分はケリ、TORIIさんはタマシギ 双方で見つけた鳥を教えようとしていたのです。
タマシギを撮ったようですが自分には見つかりませんでした。
来年、遠征してタマシギ♀を撮りたいです。

TORIIさんはじっくり腰を落ち着けて撮るスタイルで
自分はがむしゃらに歩きまわっていると勘違いされたようですが、
真実は水先案内人 鳥先案内人の自分は
水をたたえた休耕田をTORIIさんに教えようと
必死に広大な田圃をあちこち歩きまわっていたのです。

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(手持ち) 

s-10918166.jpg

s-10918175.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。 

ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

ダイサギ

FC2ブログは一つの記事で鳥毎にカテゴリを設定できないので・・・
個別にアップします。決して出し惜しみしているのではありません。m(_ _)m

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(手持ち)

s-10918179.jpg















ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

チュウサギ、おまけのカワセミ

先日ツツドリに振られたポイントにTORIIさんを案内しました。
ツツドリは抜けていますが未練があったのです。
ツツドリはいませんでしたがカワセミは撮れました。
至近距離にとまっているカワセミをTORIIさんが発見!
二人だけでバンバン撮ったのです。(^_^)V
ここに留まったのは20分足らずでしょうか、これで帰宅したのでは早過ぎます。
時間つぶしになるので帰る途中にあるタマシギの平塚たんぼに寄りました。
タマシギがいないか探し回りましたが今年は休耕田そのものが見つかりません。(゚Д゚≡゚Д゚)?
タマシギは見つかりませんでしたがチュウサギがたくさんいました。

s-10918128a.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

エゾビタキ

タカ見の前にプチ遠征してきたので報告します...報告って(^_^;
やっと涼しくなりましたが、まだ里山には野鳥が来ないので
今日の遠征先は山にしました。
今日は昼頃に帰宅したいとTORIIさんが言うので午前中が勝負です!
と言っても出が良いのは朝ですからね。早朝5時に迎えに行きました。
この時期もう明るいです。
バードサンクチュアリ駐車場に6時半に着いたら、ほぼ満車で焦りました。(^_^;
TORIIさんの誘導で狭いスペースに、やっと駐車できてホッとしました。
水場へ行ったら全ての覗き窓と左右のスペースは先着カメラマンが
張り付いていて入る余地はありません。
まだ出ていないようで皆さん手持ちぶさたの様子です。
でも良いの良いの想定内のことですから(-。-)y-゚゚゚
こんなこともあろうかと(笑)←小惑星探査機「はやぶさ」の真似っこ、解るかな?
以前来た時に覗き窓から撮ったので今回は手持ち撮影で気楽に撮るので
問題ありません。(きっぱり)
同じ場所で何時間も待機するなんて
堪え性がないボクの鳥撮りスタイルには合わないからね。
見晴らしが良い広場で鳥が飛んでいたので撮っていたら
カメラマンに声をかけられました。
「まだエゾビタキは出ていないよ、皆さんキビタキ待っているのです」
レンズを設置したまま散歩しているという感じが良い方でした。
この時に撮れたのはエゾビタキかと思ったらコサメビタキでした。

s-10918016.jpg
桜並木の坂を下ったら、いないはずのエゾビタキが梢にとまっていて
二人でバンバン撮りました。(^_^)V
あとからフラっと来て手持ちで美味しいところだけ短時間で撮る
、とんでもないボク達です。
遠征して来て、やっとの思いで駐車場を確保できたと言うのに、
もう帰るなんて腰が フットワークが軽い二人は次のポイントに向かいました。

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(手持ち)

s-10918046.jpg

s-10918060a.jpg
















ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

白樺峠タカ渡り2010

2年前にTORIIさんとタカ渡りで有名な白樺峠に遠征しました。 →遠くを見る眼('-'*)
しかし時期を失してタカ柱はおろか1羽のサシバすら見られなかったのです。...._| ̄|○
ハチクマが1羽、悠然と頭上を飛んで至近距離で撮れたのが救いです。(^_^)V
その話をしたらy-fox妻が「タカ柱見たい」と言ったのです。
テレビ放映でタカ柱を見て白樺峠に行く気になったようです。
帰りに寄るであろう観光地やアウトレットでのショッピングのお付き合いはキツイですが
我が家の財務省同行なら経費の心配は要りません(笑)
近くの会社保養所に申し込んだら連泊で予約がとれたので決行となりました。ヾ(^▽^)ノわーい
あとは渡りの数の推移と天候が気になります。
猛暑の今年はタカ渡りが1週間遅れているので自分が行く日に飛べば嬉しいのですが・・・
それまで待ってて自分が行った時にいっぱい飛んでくれ~
所詮、人間の深層心理なんて、こんなものです。(笑)
天然モノだしタカ渡りは博打だからね

画像は9月18日の週間天気予報です。
100918.jpg
9月18日~21日に一気に渡る可能性が高いです。
タカ見予定日の22日は終日曇り23日は雨が降るのでタカ渡りは期待できません。
タカは地表が暖かくなって発生するサーマル(上昇気流)に乗って円を描きながら
高度をあげて峠を越えてから一気に遠くへ移動するのです。
9月22日、23日の自分達のタカ見はヤバイかもしれません。(^_^;
晴れたら一気にタカが渡っちゃいます。日程を前倒ししたいです。(;´Д`)ウウッ…
1日でも早く行きたい。ゼーゼー(@_@)
そんな時にy-fox妻が言ったのです「予定変更できたので、いつでも行けるよ」
9月19日の午後からでも出発できると言うのです。ヾ(^▽^)ノわーい
9月21日、22日は会社保養所を確保しているので9月20日の宿を探しました。
2年前に利用した「●仙」に電話したら宿泊できるとのこと。
予約できてホッとしていたらy-fox妻が「どんなところ?」と言うのです。
y-fox妻「部屋にトイレついているでしょうね」
自分「ついてないよ」
y-fox妻「じゃ、他を探そう」(;´Д`)ウウッ…
トイレが付いている部屋はないか確認したら全室ついていないそうで
電話に出た女将が「女性ならわかりますよ。隣の旅館の電話番号教えますので
泊まれるか聞いてください、その結果を連絡してください」と言うのです。
なんと、おおらかなのでしょう。実に素晴らしい対応です。
何軒か確認したけど満室だったり遠かったりで結局、●仙に決めました。
食事も美味しいし昼弁当(おにぎり)頼めば作ってくれるし感じが良いです。
9月19日夜に出発して近くのSAで仮眠して翌朝からタカ見を開始します。
日程は充分確保できたのでタカ柱もサシバの渡りも見られると嬉しいのですが...
新たな台風が発生しているので気象情報から目が離せません。

ここまでが遠征前に書いた記事です。
果たして鳥運最強のy-fox妻の御利益はあるのでしょうか?




























ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

幻のツツドリ狂想曲第二部

避暑地に行く途中にあるポイントに立ち寄りました。
ここは昨年ツツドリに振られたところです。 →遠くを見る眼('-'*)
わずか2日遅れで抜けた悔しい経験を活かして今年は1週間早く行きました。
捲土重来!今年こそ!

しかし居たのはカワセミ狙いのカメラマンだけです。
桜をチェックすると1本だけ毛虫がついていましたが他の木は丸坊主です。
今年は猛暑だったので毛虫の発生が早くてツツドリは既に抜けたようです。(;´Д`)ウウッ…

富士山の水場で「近場の桜山で2羽出ているよ」と教えてもらいました。
捲土重来!今度こそ!

諸般の事情で翌日の火曜日に行けないので木曜日にTORIIさんを誘って行くことにしました。
しかし、台風が誰も予想しなかったコースでツツドリポイント目がけて来たのです。
実に、ついていません。(;´Д`)ウウッ…
たとえ雨がやんでも暴風雨の翌日ではツツドリきません。(たぶん)
大雨が降っている時点でTORIIさんに鳥見の中止を連絡しました。

木曜日の朝は曇りでy-fox妻に「雨やんでいるので行ってきたら」と
言われましたが行けません 行きませんでした。
自分でドタキャンして朝になったら曇りだからと鳥友を出し抜いて行けません。

土曜日は用事があるので行かないつもりだったのですが、
金曜日の夜にTORIIさんからメールがきました「明日野鳥行く?」
師匠から誘いがあったら行くしかないです...でないと友達なくします。
用事が済んでからなので10時に現地待ち合わせしました。
こんな時間に野鳥撮影とは...野鳥なめてます。(^_^;

現地に着くと草刈り器のエンジン音が鳴り響いていました。
うげっ、なんなんだ!(@_@)

1人や2人ではありません10人近くの業者が下草を刈っていたのです。
これじゃ、出るモノも出ません。(;´Д`)ウウッ…

結論です。今回もツツドリ出ませんでした。駄目ポ...._| ̄|○
なんでも台風の前はバンバン出ていて台風の次の日の木曜日も少し出たそうです。
ツツドリに縁がないじゃん!自分...._| ̄|○

鳥運最強のTORIIさんが一緒なのに出なかったので今年は、あきらめるしかありません。
代わりにエゾビタキが出てくれました。流石、名は体を表す師匠です。(謎)

里山のとっとこさんのツツドリの飛び出し画像を見て幻を追いかけている自分です。
いつになったら願いが通じるのでしょうか、ささやかな願いだと思うのですが・・・

































profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り y-fox妻画像集 (1)
独り言 (40)
妻が撮った画像 (48)
旅先にて (16)
里山便り (19)
宮古島野鳥 (1)
アメリカ野鳥 (22)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
イギリス野鳥 (3)
日本の野鳥 (673)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (2)
アカエリカイツブリ (2)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハシハジロ (1)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウミネコ (1)
ウグイス (6)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (3)
エゾヤマセミ (2)
エトピリカ (1)
エナガ (5)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (2)
オオジュリン (3)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (3)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (2)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (11)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (8)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (3)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クビワキンクロ (4)
クサシギ (1)
クロアシアホウドリ (1)
クロサギ (1)
クロジ (7)
クロツグミ (3)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (2)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コアホウドリ (1)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (3)
コゲラ (4)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (5)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (11)
コムクドリ (2)
コミミズク (6)
コヨシキリ (3)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (2)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
タンチョウ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (4)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (6)
ニシオジロビタキ (1)
ニュウナイスズメ (2)
ノゴマ (3)
ノスリ (8)
ノビタキ (7)
ハイイロチュウヒ (6)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (5)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (2)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (14)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (5)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (2)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (5)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (10)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (15)
メジロガモ (2)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (2)
ヤマゲラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (12)
archive
fc2counter
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw

野鳥撮影入門