ブログトップ > カテゴリ - トラフズク

トラフズク巣立ち雛(y-fox妻画像)

2018年4月29日(日)
今年の巣立ち雛は5羽で、そのうちの4羽が見られました。
巣立ちは4/16だったので既に黒ずんでいました。
真っ白い雛が撮りたかった(T_T)ノ
枝被り&逆光で、とても難しい撮影でした。

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(三脚)ノートリミング

やや白い巣立ち雛
s-180429y0225a.jpg

仲良しの2羽
s-180429y0880.jpg

s-180429y0411.jpg

s-180429y0937.jpg

鋭い爪
s-180429y0189.jpg


























スポンサーサイト

ブログトップ > カテゴリ - トラフズク

巣立ちしたトラフズク幼鳥

巣立ちしたトラフズク幼鳥を撮りたくて
再度、遊水池ポイントに行きました。(2015/05/14)

13時頃、現着すると多くのカメラマンが1本の樹を取り囲んでいました。
1時間ほど前に幼鳥が落下したので、はしごをかけて樹の上に置いたとのこと。
おかげで枝被りもなく至近距離で撮ることができました。(^-^)

撮るには良い場所ですが日が当たるので、口を開けて暑そうでした。
その後、親鳥達のいる隣の樹に移ろうと移動しましたが
だんだん細い枝になり再び落下しそうになって皆をヒヤヒヤさせました。

元気に巣立って来年も、この樹に巣を作って欲しいものです。
近いのでエクステンダー外して撮れば良かったです。(^_^;

EOS 7D MarkⅡ+EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ+EF1.4×Ⅲ(手持ち)

口を開けて暑そうでした。
s-150514078.jpg
s-150514046.jpg
s-150514230.jpg

危うく落下するところでした。
s-150514237.jpg
s-150514260.jpg

眠りながら見守っている親鳥
s-150514035.jpg




























ブログトップ > カテゴリ - トラフズク

今年も会えたトラフズク親子

昨年は巣立った幼鳥が撮れました。(^_^)V
今年は巣立ち前の雛を撮りたくて立ち寄りました。
車が数台駐まってカメラマンも10人ほどいました。
カメラマンがいるということは鳥がいるということです。(笑)
生まれた雛は4羽(5羽との情報もあり)ですが大きさが違います。
弱々しい末っ子は無事育つのでしょうか?

《関連記事リンク》

●関東探鳥4日間2015(実践編)ここをクリック してください。


EOS 7D MarkⅡ+EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ+EF1.4×Ⅲ(手持ち)

巣立ち前の雛4羽の証拠写真です (^_^;
s-150507238a.jpg

順光だが葉や枝被りの親
s-150507313.jpg

羽繕いする親に守られている雛
s-150507464.jpg

巣立ちが近いのか力強く羽ばたく雛
s-150507516.jpg

親子
s-150507613.jpg

























ブログトップ > カテゴリ - トラフズク

トラフズク幼鳥

2014/5/15 トラフズク幼鳥 エンゼルポーズ
3回目に訪れた河川敷のトラフズク幼鳥です。(^-^)
2日経ったら羽根が白から茶色に変わっていました。

EOS 7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)

s-1405140385a.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > カテゴリ - トラフズク

トラフズク親子

2014/5/13 トラフズク親子
次に訪れた河川敷のトラフズクです。
情報を教えていただいてから日が経っているので駄目元で行きましたが
親2羽、幼鳥4羽が、まだいました。白い毛玉のようで可愛いです。(^-^)

EOS 7D+SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(手持ち)

トラフズク親
s-1405130092.jpg

トラフズク幼鳥 なに見ているの?
s-1405130112.jpg
s-1405130115.jpg

じゃんけんでチョキを出しているようです。
s-1405130160.jpg



























profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
category
archive
fc2counter
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw

まとめ