ブログトップ > カテゴリ - オオタカ

オオタカ幼鳥

昨年の同時期に近い距離(30m)で撮れた近場のオオタカポイントへ
鳥友TORIさんを誘って行ってきました。
●昨年のオオタカ幼鳥 ここをクリック してください。
TORIさんにも撮ってもらいたかったからです。
今年の鳥情報がまったくないので、ちょっち心配でしたが
”柳の下の二匹目のドジョウ”を狙って行きました。
同じように撮れる保証がないのに行くなんて野鳥撮影なめてるボク達です。σ(^_^;)
近場なので連休渋滞に巻き込まれることなく1時間足らずで行けるのも魅力です。
しかし、ポイントに着いてもカメラマンいないので“コバンザメ撮影法”使えません。
昨年、ごった返していた観察小屋に行きましたが閑散としています。ああ~...._| ̄|○
その時、ネイチャーツアーガイドのような感じのカメラマンが出て来たので
「出ましたか?」と聞いたら「3回出ました」と言って画像を見せてくれたのです。
ここで5年前から観察を続けておられる地元カメラマンでした。
年々、遠くに止まるようになったとのこと。
神降臨!
アドバイスをいただいて待つこと約1時間...その時は、いきなり来ました。
いじめっこカラスに追われて飛来してきた茶色の背中...オオタカです。(@_@)
一瞬のシャッターチャンスでしたが撮り損ないました。実に哀しい(T_T)ノ
しばらく待って約100m先の日の当たる地面に現れたのを神が教えてくれました。
TORI師匠に聞いて露出を落としましたが、逆光で明るすぎるので白トビします。
暗い樹の間で枝が風に揺れて撮れる瞬間を針の穴を通すように撮影するのは難しい。

今回はブッポウソウの時の失敗経験を活かして親指AFを強く意識しました。
観察小屋内が狭くて混雑した経験より、今回は手持ち撮影にしたので
レンズ鏡筒を窓枠に半固定しホールドしました。
よりピンポイントでピン合わせできるスポットAF設定で撮りました。
スタビライザーOFFにしようとしたのですが画像が揺れていたのでONのままです。
しばらくしてTORIさんがザックのところに行ってゴソゴソなにかしています実にアヤシイです。
ピンときた自分は「エクステンダー付けてるんでしょ!なんで教えないの!」と詰問しました。
TORI「いや、付けると画像甘くなると思って教えなかったんだ...」(ぼそっ)
サンヨン豆鉄砲じゃ、この距離ではエクステンダー付けないと駄目だよね。
まったく油断も隙もありません!ドングリの背比べの二人ですが対抗意識はあるのです。
所詮、人間の深層心理なんて、こんなものです。(笑)
光量あるので性能落ちないし..自分も付けました。これで互角です(笑)

親指AFを始め、いろいろ設定に留意して撮ったけど帰宅してPCで画像確認したら
ピンがきてない&ブレ画像が多くてガックシです、駄目ポ...._| ̄|○

反省です。被写体が遠いのでエクステンダー装着して撮ること。
三脚使用してスタビライザーOFF、できればレリーズで撮る!
そう言えばブッポウソウ遠征でTORIさんが使っていたっけ。
早速、通販でレリーズ買っちゃいました。ポチッとな(T_T)ノ
これで完璧です!師匠を超えるのは時間の問題です。待ってろよ~ →遠くを見る眼('-'*)
アーハハハ ←意味のない高笑い、しかもちょっとかすれているようだ。

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM+1.4×(三脚) 


s-10718129a.jpg


s-10718218a.jpg


s-10718210.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

続きを読む

スポンサーサイト

ブログトップ > カテゴリ - オオタカ

オオタカ幼鳥

残りの画像チェックしたのでアップします。
代わり映えしない似たような画像ですが自分としては
それぞれの光景が目に浮かぶ捨てがたい画像なんです。

今回は早朝で遠くの高い樹上の巣を撮るので暗くて
SS(シャッタースピード)あがらない事が想定されました。
エクステンダー装着して1段落ちるより
エクステンダー無し手持ち撮影で撮ろうと思った自分です。

昨年サンコウチョウで使い慣れない三脚装着して目の前に出現した♂に
対応できなかった苦い記憶があったからです。
しかし今回は巣に近づかない配慮をするためにエクステンダー装着して
三脚使用することをTORIさんに言われたので渋々 従いました。
最初はISO1600、F5.6、露出-1段でもSS二桁でキツかったのです。
時間の経過でやっと3桁になったのですが三脚使用でなかったら
ブレブレで撮れなかったのです。TORI師匠に感謝です。m(_ _)m

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM+1.4×(三脚) 


s-10626234.jpg


s-10626303.jpg


s-10626383a.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > カテゴリ - オオタカ

オオタカ幼鳥

午前1時にTORIさんをピックアップして4時にポイントに着きました。
4時半には既に明るくなってきましたがカメラマン誰も来ていません。
目印のカメラマン頼りの自分なので、こんな時は困ります。(^_^;
その時、親鳥の鳴き声がしてTORIさんが巣を見つけました。
2羽の雛は産毛の白から茶色の羽に生え替わり、たまにバタバタ羽ばたいてくれました。
早く着いても光量不足の時間帯なので後半に撮影したものしか使えません。
次の予定があり後ろ髪を引かれる思いで午前7時半に撤収したのが実に残念です。

とりあえず目にとまった画像を第一報としてアップします。(^_^;
この場を借りて鳥友に感謝!地元の皆さんも親切な人で楽しい鳥撮りでした。

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM+1.4×(三脚) 


s-10626318a.jpg


s-10626433a.jpg


s-10626443a.jpg
下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > カテゴリ - オオタカ

オオタカ若

コミミのポイントで待機していたときのことです。
コミミ撮りの皆さんは上を見ないで談笑している方がほとんどでした。
紺碧の抜けるような青空を見上げると超高空を旋回している鳥が見えました。
自分には同定が困難ですがオオタカかハイタカです。
駄目元でバシャバシャ撮りました。
撮れた画像をPCで確認したら思ったより良く撮れていました。
しかもオオタカ若鳥でした。←オオタカと言い張るσ(^_^;)

なお、時節柄ヒバリが空中で囀っていたので
何でも撮りたがる自分としてはヒバリも撮りたかったのですが
シャッター音がするとコミミが出たのかと勘違いされて
顰蹙かいそうなので撮れませんでした...ヘタレです自分…_| ̄|○

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM×1.4(手持ち)

s-100314010.jpg

s-100314012.jpg

s-100314013.jpg

s-100314014.jpg
















ブログトップ > カテゴリ - オオタカ

疑惑のオオタカ

角館 武家屋敷の紅葉観光していた時です。
カミさんが空を見上げ「トビ!」と言って指差したのです。
うげっ、オオタカじゃん!(@_@)

小雪が時折ちらつく曇り空で高空なのでイマイチですが証拠写真です (^_^;
カミさん「さっきはもっと低く飛んでいたよ」(;´Д`)ウウッ…
この辺じゃトビの代わりにオオタカが舞うのかい!(笑)
紅葉真っ盛りの連休(文化の日) 角館で野鳥に出会えるとは思ってもいませんでした。
やっぱりカミさんは鳥運の女神かもしれません。(笑)

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(手持ち)

s-91103022.jpg























profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
comment
archive
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り画像集 妻(y-fox画像) (1)
独り言 (37)
妻が撮った画像 (45)
旅先にて (15)
里山の野鳥 (17)
宮古島野鳥 (1)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
日本の野鳥 (619)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (1)
アカエリカイツブリ (1)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウグイス (6)
ウミネコ (1)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (2)
エゾヤマセミ (1)
エトピリカ (1)
エナガ (4)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオジュリン (2)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (2)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (1)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (10)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (7)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (2)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クサシギ (1)
クロサギ (1)
クロジ (7)
クロツグミ (2)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (1)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (3)
コゲラ (3)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (4)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (9)
コムクドリ (2)
コミミズク (5)
コヨシキリ (2)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (1)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (2)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (5)
ニシオジロビタキ (1)
ノゴマ (2)
ノスリ (8)
ノビタキ (5)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (4)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (1)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (10)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (4)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (1)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (8)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (14)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (12)
fc2counter
form
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw

まとめ

野鳥撮影入門