ブログトップ > カテゴリ - アカショウビン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > カテゴリ - アカショウビン

アカショウビン

アカショウビン遠征(2008/6/14-15)行ってきました。

以前に大枚はたいて新潟アカショウビンツアーを申し込んだのですが
豪雪のため中止となったのです。(;´Д`)ウウッ…
-------------------------------------------------------------------------------
旅行会社から封書が来ました、あと一ヶ月後となったので
詳細案内とか送ってきたのかと期待して封をあけたのです。(*´∀`)
そこに書いてあったのはツアー豪雪のため中止でした。
なんてこった!高価な撮影機材を、この際だからと奮発して揃えた自分です。
キヤノンEOS 40D、リング式三脚座 AII、GITZO(ジッツオ)GT1530 カーボン三脚、
GITZO(ジッツオ)G2180 ビデオ雲台等
この日のための準備&努力は水泡と消えました。←散財とも言う(´Д⊂グスン
-------------------------------------------------------------------------------
アカショウビンは滅多に見られない鳥なのでガイド付きのツアーを申し込んだのです。

それが、より近い場所で見られるなんて信じられません!(・∀・)マヂっすか~
果たしてガイドなしでアカショウビンを見ることができるのでしょうか。
鳥との出会い系に強い (笑)TORIさんと一緒なら会える気がします。(きっぱり)
魅力的な野鳥がたくさんいるようなのでTORIさんをピックアップして出かけました。
天気予報は曇後晴と好転してますので雨が降らないことを祈ります。
前回のコマドリのような小雨&濃霧で暗くて撮影できないと泣けますからね。

前日の夜中に出発して午前1時に駐車場に着きました。
車中で寝袋にくるまって仮眠して4時半に鳥見に出発します。
どうか 赤い子に会えますように!(-人-)
ここまで出発前に書きました。結果が楽しみです。



結果です! アカショウビン撮れました!
恐るべし!TORIさんの鳥運です。(@_@)
災い転じて福となす。使わなかったツアー代金で欲しいLレンズ買えればよいのですが(^_^;

なんと!番(つがい)の求愛給餌も撮れたのです。(〃^∇^)o_彡☆バンバン!!
4GB CFカード全弾撃ち切りました。ゼーゼー(@_@)

カラス、かーで夜が明けました。 (笑)

雨降っていません!明るい空です。ラッキー(^_^)V
奥の駐車場に着いた時には数台だった車が既に20台ほどになってました。
4時頃からマイカーやバスの乗客が機材を担いで続々と出発しています。(@_@)
撮影ポイントはカメラマンの集まっているところに決まっています。キラン(-_☆)
「こんなに早くてもな~」と渋るTORIさんを起こして4時半に出発しました。
しかし、既に長玉(超望遠レンズ)ご一行様はどこに行ったのか見えません。(^_^;
ここからはガイドもどきになった自分の勘を信じて行動するしかありません。
自分で自分のことを褒めるのもナンですが、結果的にはベストのコースでした。( ̄^ ̄)エッヘン!
人が少ない木道を歩いて心細くなった頃、行く手にカメラマンが集結している森に来ました。
ざっと見て総勢40人の長玉(超望遠レンズ)軍団です、びっしり陣取っていました。
ここがアカショウビンの撮影ポイントに違いありません、最短コースで着きました。(^_^)V

しかし入り込む余地がありません、皆さん陣地取りのために早朝から行動していたのです。
その時、TORIさんが僅かのスペースに入り込んだのです。
右側の近寄りがたい雰囲気の重装備の人がいたので空いていたのでしょうか。 (笑)
TORIさんは「おはようございます」と調子よく 言いながら入ったのです。
そしたら、その人が笑顔で「昨日はココで6時と13時半に出ましたよ」と話してくれました。
人は見かけで判断してはイケナイのですね。(^_^;
チョビヒゲ生やしたTORIさんは良い人と思われたのでしょうか自分も見習いたいです。
TORIさんが「交代で撮れば良いジャン」というので後ろに立っていました。
三脚を広げずに縦にして後ろを通る人のために前にへばりついて窮屈でした。(-o-;)
そのうちにTORIさんはアカゲラが前方にいたのでバシャバシャ撮ったのです。
自分も交代してもらってアカゲラ撮ったのですが暗くて画像イマイチです。
腕の差が現れています。このままアカショウビン出たらと自信なくしました。
左の若い方に「ここは何回も来られているんですか?」と聞きました。
「いえ、初めてです」
「どちらから来られたのですか?」
「東京から夜、車で来ました」...そして
「どうぞ、三脚を交差させて置いてください」と言ってくれたのです。
ありがたかったです。感謝!m(_ _)m

そうして待つこと1時間、その時は、いきなり来ました。
まず、右隣のベテランが無言でバシャバシャ撮り始めたのです。ん?
そして我々の目の前の枝に赤い子が止まって「キョロロロ~ン」と鳴いたのです。(@_@)
絶好の位置に止まってくれました。枝かぶりもありません。
4人は夢中でシャッター切り続けました。ゼーゼー(@_@)
時間にして3分いたでしょうか、そして飛び去ってしまいました。
耳には「キョロロロ~ン」という鳴き声が残っていました。
心臓バクバクです、興奮が身を包みました。
左の東京から来た方と3人で握手しました。ばんざーい\(^^\) ばんざーい(/^^)/
暗いうちから陣地取りして2時間以上待った、ほとんどの方は枝が邪魔して撮れなかったようです。
後から来た自分達を含めて4人だけがベストポジションで撮りまくった結果となります。
その場の空気(KY)を感じて早々にそこを引き上げた2人でした。(^^;;;

意識を取り戻して (笑)気がついたことがあります。
F値8で撮ったのですが暗かったのでF値5.6、露出+1.5段で撮ればベストだったと思います。

それにしても何という鳥運なのでしょう。一発で赤い子に会えたのです。
その時は、再びアカショウビンに出会えるとは夢にも思っていませんでした。



帰り路を迂回して歩いていたら前方に大勢のカメラマンがいました。
ここは双眼鏡をもった人や長玉(超望遠レンズ)、デジスコの人と雑多です。
行く手がふさがれた状態なので自分達は手前で待機して様子見ていました。
遙か前方に、なにかいるようです。(゚Д゚≡゚Д゚)?
カメラのファインダーを覗いていたTORIさんが
「アカショウビン2羽いる!ツーショットだ!」 と叫んだのです。
指さす方向を双眼鏡で必死に探したのですが自分には見つかりません。(゚Д゚≡゚Д゚)?
枝が混み合っている暗いポイントなので皆さんも見つけられないようです。
長玉(超望遠レンズ)仙人ヒゲの大ベテランがTORIさんのカメラのファインダーを
覗かせてもらっていました...ちょっと長く覗いていたようですが (笑)
TORI「あの~もうイイですか、もちっと撮りたいので・・・」 (^_^;
いくら教えてもらっても自分の双眼鏡&カメラでは見つけられません。
この際、ライバルというプライドを打ち棄てて、毅然とした態度で言ったのです。
「すまん!オレのカメラで見つけてくれ」(笑)
そして、撮れたのが求愛給餌シーンでした。TORIさんが撮ってくれたのかもしれないのですが(^_^;
暗くて画になっていないのですが証拠写真ということで(^_^)V

そのうちに「交尾している!交尾している!」
女性がいるのにかかわらず興奮して卑猥なことを 叫ぶTORIさんでした。(@_@)
その場は騒然 となりましたが、ごく一部の方を除いて見えなかったと思います。
自分も交尾は撮れませんでしたがアカショウビンの求愛給餌が撮れただけで大満足です。

アドバイスを頂いたHさんに、この場を借りてお礼申し上げます。m(_ _)m

EOS 40D+EF300mm F/4L IS USM(三脚)

s-80615084.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。他の画像を掲載しています。

続きを読む

スポンサーサイト

profile

t-fox

Author:t-fox
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
comment
archive
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り画像集 妻(y-fox画像) (1)
独り言 (37)
妻が撮った画像 (45)
旅先にて (15)
里山の野鳥 (17)
宮古島野鳥 (1)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
日本の野鳥 (612)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (1)
アカエリカイツブリ (1)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウグイス (6)
ウミネコ (1)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (2)
エゾヤマセミ (1)
エトピリカ (1)
エナガ (4)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオジュリン (2)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (2)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (1)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (10)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (7)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (2)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クサシギ (1)
クロサギ (1)
クロジ (6)
クロツグミ (2)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (1)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (2)
コゲラ (3)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (4)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (7)
コムクドリ (2)
コミミズク (5)
コヨシキリ (2)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (1)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (2)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (5)
ニシオジロビタキ (1)
ノゴマ (2)
ノスリ (8)
ノビタキ (5)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (4)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (1)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (9)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (4)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (1)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (7)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (14)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (11)
fc2counter
form
link
copyright
Author by t-fox

Designed by マンゴスチンw

まとめ

野鳥撮影入門
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。