ブログトップ > カテゴリ - ハイイロチュウヒ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > カテゴリ - ハイイロチュウヒ

ハイイロチュウヒ♂

コミミズクが出るのを待っていた時に声が聞こえたのです。
ハイチューが出た~
慌てて土手下を見ると、白い貴公子ハイチュー♂が
芦原から出て飛び始めたのが見えたので
夢中でシャッターを切りました。午後4時11分でした。
遠いしAF設定のままだったので駄目元でしたが
枯れた背景で白いハイチュー♂なのでAFが機能しました。
以前に撮ったときは塒入りで暗かったのですが
今回は白昼撮れたので大トリミングしてみました。
自分にとっては奇跡の瞬間でした。(^-^)

EOS 7D MarkⅡ+EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ+EF1.4×Ⅲ(手持ち)
s-170216001a.jpg

s-170216086.jpg

s-170216088.jpg

s-170216089.jpg

s-170216090.jpg

























スポンサーサイト

ブログトップ > カテゴリ - ハイイロチュウヒ

ハイチュウ塒入り

ハイチュウ雄の塒入りを撮ったと言い張る自分です。σ(^_^;)
1年前に洗車台に乗って撮ったのですが後日、足がつったヘタレです。
今年は車のシートに足を引っ掛けてドアから身を乗り出して撮りました。
高い葦が邪魔をして隙間を飛ぶハイイロチュウヒ雄にマニアルで
ピントを合わせながらの撮影はヘタッピの自分には無理ポ…_| ̄|○
一年経っても、ちっとも腕があがっていないことを痛感しました。
ハイチュウ雄の証拠写真ですが2枚アップします。

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(手持ち)

s-110108647b.jpg

s-110108597.jpg















ブログトップ > カテゴリ - ハイイロチュウヒ

黄昏のハイチュウ♀

NHKテレビ「ダーウィンが来た」でチュウヒやってましたね。
ちょうどチュウヒの塒入り撮影に行った直後なので興味深く見ました。
チュウヒならハイチュウと違って簡単に撮れるとタカをくくっていたのです。
撮れたら初見初撮りとして種類が1つ増えるからね。楽勝です。(-。-)y-゜゜゜
でも、何故か(ただ)チュウヒを撮ることができなかったのです。
チュウヒ なめてました自分 (T_T)ノ

画像整理して残ったのは腰が白いので判別できた塒入りのハイチュウ雌の画像です。
暗くてSSあがらないので自分には10年早い撮影でした。
ショボイ画像ですがアップします。

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(手持ち)


s-100123851.jpg

下の”続きを読む”をクリックしてください。 他の画像を掲載しています。

ブログトップ > カテゴリ - ハイイロチュウヒ

貴公子ハイチュウリベンジなったか(謎)

先週はハイチュウ雄が見られなかった二人です。
リベンジするべく2週続けて遠征するとは思っても見ませんでした。
ヘタッピコンビの珍道中の始まり始まり~(内容無いけど長文失礼)

まわりくどい話は、やめて結論を先に書きましょう。

玉砕です。(-人-)/U チ~ン

日中どこかで狩りをしたチュウヒが芦原に次々と帰ってくるのを狙います。
撮影条件は日没前は逆光で日没後は刻々と暗くなるのに合わせて
カメラ設定を瞬時に変えて対応するのです。
ISO感度400→800→1600→3200→6400
絞り開放にしてもSSかせげない場合は
露出-1~-2にして撮影します。
その状態で脚立の上に立って手持ちで撮るのです。
皆さんサンニッパ、ゴーヨン、ロクヨン、ハチゴーロク、
ヨンニッパで手持ち撮影しているのです。
軽量豆鉄砲サンヨン(EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM)手持ちが
メインの自分達ですが、これには驚きました。
TORIさんはサブ機としてサンニッパ+1D持ってきているのに
重いからと一度も手にすることはありませんでした。
芦が高いので脚立を立て、その上で寒風に耐えて
小一時間待つのは正直言ってキツイです。
ここの皆さんは重い大砲で手持ち撮影するために
身体を鍛えあげているのです。(@_@)
TORIさんは早々としゃがみ込んでしまいました。ヘタレです...._| ̄|○
軟弱な男は去れ!ここは漢(おとこ)達の戦場なのだ!!!
最近、エアロバイクでトレーニングしている自分はOKです。

アーハハハ ←意味のない高笑い、しかもちょっとかすれているようだ。
実は、ここだけの話ですが翌日の午前2時ころ、左足ふくらはぎ下の
筋肉がつって激痛で起きた自分です。
狭い洗車台の上で長時間踏ん張っていたのが影響したのです。(;´Д`)ウウッ…
他人の不幸は蜜の味と笑っていた報いです。許して....m(_ _)m

日没後、始まったチュウヒの塒(ねぐら)入りは圧巻でした。
夜目にも白いハイチュウ雄と雌が入り乱れて
次々と飛来するのを双眼鏡でしっかり観察することが
できたので、とてもうれしかったです。
今思うと撮影は日没寸前の光量がまだあるうちに飛来した
ハイチュウ雄が唯一のチャンスでした。
慣れないMFで挑戦したので飛び回る被写体に合わせることができず
ピン外れが多くて最悪でした。
Kさんが「まだAF効くぞ!」と言ったのを聞いて
慌ててAFに戻して証拠写真が撮れたのです。(^_^;

TORIさんとのメール内容です。
自分「ハイチュウ見事ですね。さっ、ボクも7D高感度の威力を見せることにしましょう」
TORI「40Dじゃあれが限度です。さぁ7D高感度の威力を見せてもらおうかい!」(-_☆)
自分「実は7D高感度撮影は撃沈でした。MF慣れてなくてピン外ればかりでした」

自分「やっぱり…MF慣れてないし、自分の目じゃ無理なのでカメラに任せてました。
ピンぼけ嫌って感度あげたのにMFでこけたとは…実に悲しいです。

ボク、塒入りハイイロチュウヒ撮るのをなめていました。無理ポ…_| ̄|○
おそらく最高難易度の野鳥撮影ではないでしょうか

野鳥との出会いもさることながら素晴らしい方との出会いも大切にしたいです。
親切にしていただいたIさん、Kさん、この場を借りてお礼申し上げます。

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM(手持ち)

s-100123890.jpg

s-100123868.jpg

s-100123869.jpg

s-100123871.jpg

s-100123937.jpg

s-100123999.jpg






















ブログトップ > カテゴリ - ハイイロチュウヒ

ハイイロチュウヒ

久し振りにTORIさんを誘って遠征撮影に行きました。
午前3時半起床、4時半自宅出発して5時にお迎えする

暁の出撃 です。
今回のターゲットが出るのは午後3時~5時ですが、
現着は8時になるので他の野鳥含めた撮影には良いのです。
そして朝から夕方5時過ぎまで寒風吹きすさぶ原っぱで過ごしました。
1人去り2人去った後も粘った結果、
近くに寄ってきたハイイロチュウヒが撮れました。初見初撮り
今回は腰が白い若鳥しか撮れなかったのが残念ですが、
いつか貴公子と言われる真っ白い雄を撮りたいです。 →遠くを見る眼('-'*)

EOS 7D+EF300mm F/4L IS USM×1.4(三脚)
s-100116667.jpg

近くを通過する時に撮れた3枚は逆光で甘ピンですが証拠写真としてアップしました。
s-100116054.jpg

s-100116055.jpg

s-100116056.jpg

s-100116064.jpg

s-100116065.jpg

s-100116660.jpg











profile

t-fox

Author:t-fox
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
comment
archive
category
未分類 (1)
お気に入り画像集(国内) (1)
お気に入り画像集(海外) (1)
お気に入り画像集 妻(y-fox画像) (1)
独り言 (37)
妻が撮った画像 (45)
旅先にて (15)
里山の野鳥 (17)
宮古島野鳥 (1)
オーストラリア野鳥 (17)
インド野鳥 (7)
オランダ野鳥 (10)
トルコ野鳥 (7)
ロシア野鳥 (9)
マレーシア野鳥 (11)
クロアチア野鳥 (11)
スリランカ野鳥 (4)
日本の野鳥 (612)
アオバズク (2)
アオバト (4)
アオサギ (4)
アオゲラ (10)
アオシギ (3)
アオジ (7)
アカウソ (2)
アカモズ (1)
アカエリカイツブリ (1)
アカガシラサギ (1)
アカゲラ (2)
アカハラ (6)
アカショウビン (1)
アトリ (1)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アリスイ (3)
イカル (2)
イソシギ (1)
イソヒヨドリ (1)
イワヒバリ (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
ウミウ (1)
ウミガラス (1)
ウグイス (6)
ウミネコ (1)
エゾアカゲラ (1)
エゾオオアカゲラ (1)
エゾコゲラ (1)
エゾビタキ (4)
エゾフクロウ (2)
エゾヤマセミ (1)
エトピリカ (1)
エナガ (4)
エリグロアジサシ (1)
オオアカハラ (3)
オオクイナ (1)
オオコノハズク (1)
オオジシギ (3)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (7)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオジュリン (2)
オオマシコ (4)
オオヨシキリ (1)
オオルリ (4)
オオワシ (3)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (1)
オシドリ (2)
オジロビタキ (1)
オジロワシ (1)
オナガ (1)
オナガガモ (1)
カイツブリ (10)
カッコウ (1)
カケス (4)
カシラダカ (2)
カモメ (1)
カヤクグリ (2)
カルガモ (2)
カワアイサ (2)
カワウ (1)
カワガラス (7)
カワセミ (22)
カワラヒワ (3)
ガビチョウ (1)
カンムリカイツブリ (1)
キガシラシトド (1)
キクイタダキ (1)
キジ (6)
キジバト (1)
キタキバシリ (1)
キヅタアメリカムシクイ (1)
キバシリ (1)
キビタキ (11)
キセキレイ (2)
キレンジャク (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (3)
ギンザンマシコ (2)
ギンムクドリ (1)
クイナ (7)
クサシギ (1)
クロサギ (1)
クロジ (6)
クロツグミ (2)
クロハラアジサシ (5)
クマゲラ (1)
クマタカ (4)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (1)
ケリ (3)
コイカル (2)
ゴイサギ (2)
コウノトリ (1)
コウライアイサ (1)
コガモ (2)
コガラ (2)
コゲラ (3)
コサギ (2)
コサメビタキ (1)
コジュケイ (4)
ゴジュウカラ (4)
コチドリ (1)
コチョウゲンボウ (1)
コハクチョウ (1)
コブハクチョウ (1)
コマドリ (7)
コムクドリ (2)
コミミズク (5)
コヨシキリ (2)
コルリ (6)
ササゴイ (2)
サシバ (5)
サバクヒタキ (1)
サメビタキ (1)
サンコウチョウ (3)
サンショウクイ (1)
シジュウカラ (3)
シマアオジ (1)
シマセンニュウ (1)
シマフクロウ (1)
シメ (5)
ジョウビタキ (10)
シロカモメ (1)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (1)
シロハラゴジュウカラ (1)
スズガモ (1)
スズメ (3)
セグロカモメ (1)
セグロセキレイ (1)
セッカ (2)
ソデグロヅル (3)
ダイサギ (2)
タシギ (9)
タゲリ (1)
タヒバリ (1)
タマシギ (1)
チゴハヤブサ (1)
チュウサギ (2)
チュウシャクシギ (1)
チョウゲンボウ (7)
ツグミ (6)
ツツドリ (2)
ツミ (2)
ツバメ (3)
ツバメチドリ (1)
ツメナガセキレイ (2)
ドバト (1)
トビ (2)
トラツグミ (4)
トラフズク (5)
ニシオジロビタキ (1)
ノゴマ (2)
ノスリ (8)
ノビタキ (5)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (1)
ハギマシコ (1)
ハクセキレイ (2)
ハシブトガラ (1)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシビロガモ (2)
ハマシギ (1)
ハヤブサ (4)
ハチクマ (6)
ハチジョウツグミ (1)
ハッカチョウ (1)
ハリオアマツバメ (2)
バン (3)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (3)
ヒメアマツバメ (1)
ヒレンジャク (1)
ヒヨドリ (5)
ビンズイ (1)
フクロウ (9)
フルマカモメ (1)
ブッポウソウ (5)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (4)
ホオアカ (2)
ホオジロ (5)
ホシガラス (5)
ホトトギス (1)
ホシハジロ (1)
マガモ (2)
マミチャジナイ (2)
マヒワ (5)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (9)
ミソサザイ (7)
ミフウズラ (1)
ミヤマホオジロ (3)
ムクドリ (1)
メジロ (14)
メボソムシクイ (2)
モズ (4)
モモイロペリカン (1)
ヤツガシラ (7)
ヤブサメ (1)
ヤマガラ (1)
ヤマシギ (8)
ヤマドリ (1)
ヤマセミ (3)
ユキホオジロ (1)
ユリカモメ (3)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (3)
ライチョウ (2)
リュウキュウアカショウビン (2)
リュウキュウキジバト (1)
リュウキュウキンバト (1)
リュウキュウコノハズク (1)
リュウキュウサンコウチョウ (1)
リュウキュウヒヨドリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (11)
fc2counter
form
link
copyright
Author by t-fox

Designed by マンゴスチンw

まとめ

野鳥撮影入門
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。