ブログトップ > カテゴリ - 独り言

北海道鳥見2019

今年の北海道の鳥運は最高でした。(^_^)V
現地で知り合った皆様との一期一会
教えていただいた情報で多くの野鳥&野生動物との
出会いがありました。感謝!m(_ _)m
------------------------------------------------------------
・クマゲラ子育て(苫小牧&知床)、至近撮影(野幌)
・ヤマゲラ子育て(旭川)、エゾフクロウ雛(阿寒、野幌)
・タンチョウ求愛ダンス&幼鳥、至近撮影(根室)
・エゾヤマセミ(札幌)、オジロワシ(宗谷岬)
・ベニマシコ(オムサロ原生花園)
・ニュウナイスズメ子育て(知床)、アカモズ(石狩)
・ギンザンマシコ ペア並び(知床峠)&至近撮影(旭岳)
・アオジ(紫竹ガーデン)
・アカエリカイツブリ営巣(七飯)
・その他
------------------------------------------------------------
撮影した画像を整理して順次、野鳥撮影入門 blogでアップします。
------------------------------------------------------------
なお、エゾリス、エゾシカ、天然記念物エゾナキウサギ、クロテン等の
野生動物は、お父さんのファンフライ入門ホームページでアップします。

《関連記事リンク》

●お父さんのファンフライ入門 独り言 ここをクリック してください。



























スポンサーサイト



ブログトップ > カテゴリ - 独り言

独り言タイトル集

独り言タイトル一覧(上が最新記事です。文字列をクリックしてください)
------------------------------------------------------------------------
■想い出のイギリス野鳥
■想い出のアメリカ野鳥
■想い出のスリランカ野鳥
■想い出のクロアチア野鳥
■想い出のマレーシア野鳥
■想い出のロシア野鳥
■想い出のトルコ野鳥
■想い出のオランダ野鳥
■想い出のインド野鳥
■想い出のオーストラリア野鳥
■バッテリーUSBチャージャー
■野鳥撮影での車中泊に最適な車
■求めていたチェア
■理想のチェアを求めて
■巷で噂のチェア
■鳥友が「野鳥百景」を出版しました
■トラフズク&フクロウ幼鳥のイラスト
■利き目って何よ
■撮れなかった鳥は大きいWedge-Tailed Eagle
■白樺峠タカ渡り2010番組紹介
■再び近くの山でタカ柱
■近くの山でタカ柱
■白樺峠タカ渡り2010 残念な報告
■白樺峠タカ渡り2010
■幻のツツドリ狂想曲第二部
■幻のブッポウソウ
■カメラをしまってから野鳥は出る
■親指AF
■亭主元気で留守がいい
■二兎を追う者は一兎をも得ず
■出るときは出るもんだ
■鳥運って何よ
■7D使いこなし術の蘊蓄
■疑惑の7D常用ISO 6400無理ポ
■疑惑の7Dピンボケの真実
■注意し易いのか自分
■何か出ていますか
■待ち鳥 来たらず
■あなたは何派ですか
■フクロウありがとう、そして、さようなら
■サンニッパどうよどうよ
■不思議な縁(この一冊)
■鳥運ないのか空振りの日々
■ベスピン調整
■鳥名刺の作り方
■鳥運最強は誰だ
■はじめに

《関連記事リンク》

●デジタル一眼入門 ここをクリック してください。






































ブログトップ > カテゴリ - 独り言

バッテリーUSBチャージャー紹介

s-18053005.jpg

野鳥撮影での遠征で車中泊が多くなると困るのが
カメラのバッテリー充電です。(メーカー充電器はAC100V)
北海道遠征の時に知床峠で見かけたワゴン車は炊飯器も使える
インバーターでしたがサブバッテリーを含めると約30万円もするのです。(*_*)
自分はカメラのバッテリー充電だけで良いので、いろいろ検討して
良い充電器を見つけました。キラン(-_☆)
MY ホームページ記事にリンク張りましたので紹介します。m(_ _)m

●バッテリーUSBチャージャー ここをクリック してください。





























ブログトップ > カテゴリ - 独り言

野鳥撮影での車中泊に最適な車

野鳥撮影で遠征するときの車中泊に最適な車を買いました。
s-170711s04a.jpg

s-170711s56a.jpg

狭い山道での走行や方向転換、駐車する場合を考慮すると
コンパクトで最小回転半径が小さい車が良いです。
検討した結果、一人ならホンダ N-BOX + 軽自動車で充分ですが
夫婦で鳥撮りするので、ホンダ フリード+を選択しました。

鳥撮りは早朝が勝負ですから、前夜に出来るだけ近くの
高速道路SA/PA、または道の駅に駐めて車中泊します。
日帰り温泉で休養しての車中泊とビジネスホテルを組み合わます。
●事例:北海道25日間探鳥と花紀行2015 ここをクリック してください。

《関連記事リンク》

●フリード+ハイブリッドEXインプレッション ここをクリック してください。

●フリード+車中泊まとめ ここをクリック してください。




















ブログトップ > カテゴリ - 独り言

鳥友が「野鳥百景」を出版しました

2015年の北海道遠征で、お目にかかった鳥友エトピリカさんが、
この度、野鳥写真集を出版することになったので紹介します。m(_ _)m
「野鳥百景」 ここをクリック してください。

51HpfJYNIXL__SY351_BO1,204,203,200_

内容紹介(記事引用)

北は北海道から南は石垣島まで、日本列島津々浦々の自然のなかに佇む野鳥たち。
ありがちなクローズアップではなく、
野鳥の棲む環境や野鳥の表情を大切にしながら1枚の絵のように撮影。
さらにブロンズトキ、シロハヤブサ、カラフトワシ、タカサゴモズ、
セグロサバクヒタキ、ウタツグミ、ハイイロオウチュウ、アネハヅル、
ソデグロヅル、アカハシハジロ、レンカク、ユキホオジロ、
クロウタドリ、ヤツガシラ、シマアオジ、ソリハシセイタカシギ、イワミセキレイ、
チフチャフなど、日本国内では稀にしか見られない野鳥も多数収録。
野鳥や野鳥撮影の愛好家にとって魅力ある、そして一般の方にとっても、
こころ安らぐ写真集です。巻末に、すべての撮影地・撮影データを収録。

《一期一会》

北海道 往路フェリーでエトピリカとヤンバルクイナのシールを
貼った車がすぐ前に駐まっていました。
エトピリカは撮りたい野鳥だったのでよく覚えています。
落石ネイチャークルーズで再会したので、お声がけさせてもらいました。
その時、いただいた素晴らしい鳥名刺はノグチゲラでした。(@_@)
私達夫婦の間では親しみをこめてエトピリカさんと言っています。
早速、予約したので今から読むのが楽しみです。 → 遠くを見る眼('-'*)

《関連記事リンク》

●北海道25日間探鳥と花紀行2015 ここをクリック してください。

































ブログトップ > カテゴリ - 独り言

理想のチェアを求めて

手持ち撮影がメインの自分は基本的にチェアは必要ないのですが
買うならコールマンコンパクトクッションチェア(1,500円)と決めていました。
4点支持脚で安定してるし、背もたれがあるからです。(きっぱり)

以前、買ったコールマン ハイバックリラックスチェアは
鳥撮りには大きくて使えません。駄目ポ...._| ̄|○

ふとホビーズワールドHPを見たらチェアが10%OFFでした。(@_@)
Walkstool(ウォークスツール)コンフォート55
販売価格:14,040円(税込)が12,636円(税込)
富士山奥庭で「コレ良いよ」と薦められた事があります。
隣で奥様が「チェアたくさんあるのよ」と笑っていました。(謎)

コンフォート55を注文しました。ポチッとな(T_T)ノ
それにしてもバーゲンに弱い自分です。(^_^;
ss-150523s002.jpg

画像右のチェアは長時間座ると痛かった。o(;-_-;)o
左のコンフォート55は座面は広いですが3本足なので
前の出っ張りが当たって痛いです。送料込みで13,392円
コールマンコンパクトチェアに比べて約10倍も高価ですが
自分にとって理想のチェアなのでしょうか?

再度、ホビーズワールドHPをチェックしたのですが
自分にはHelinox(ヘリノックス)キャンプチェア
販売価格:14,580円(税込)が 13,122円(税込)
コレが自分には良かったのかもしれません。o(;-_-;)o

チェアは使ってみなければわからない!

《関連記事リンク》

●巷で噂のチェア ここをクリック してください。





















ブログトップ > カテゴリ - 独り言

トラフズク&フクロウ幼鳥イラスト

ラジコン飛行機の大御所でありイラストレイターの
アルカス大橋さんから素晴らしいイラストをいただきました。
y-fox妻も大喜びです。感謝です。m(_ _)m
---------------------------------------------------------------------
トラフズク&フクロウの幼鳥 かわいいです!!!感動しました。
あるかす。おおはし

---------------------------------------------------------------------

140622002.jpg

140622003.jpg


































ブログトップ > カテゴリ - 独り言

不思議な縁(この一冊)

どうして手元にあるのか記憶にない本があります。(゚Д゚≡゚Д゚)?
s-90217007.jpg

自分が野鳥撮影を始めてから、この本を見て驚きました。(@_@)
会社の同僚の故 勇二さんの名前を見つけたからです。

勇二さんの入院先の病院と我が家が近かったこともあり、
よく会社帰りに、お見舞いに行きました。

後で知ったのですが勇二さんは日本野鳥の会に属しており
相模川河口の野鳥の写真を趣味で撮っていたのです。

本人が病床に伏していたときに勇二さんの写真展が開かれたので見に行きました。
そして素晴らしい写真を、たくさんいただいた記憶があります。
この本もその時にいただいたのかもしれません。

まだ、自分が野鳥撮影を始める前のことです。
彼が健在ならば野鳥撮影の手ほどきを受けられたかもしれません。しみじみ('-'*)

《追記》

本日、会社の同窓会の席で当時、上司だったM枝さんに言われました。
「同じ本を持っているよ」→ これで勇二さんからいただいた事が確定しました。



































ブログトップ > カテゴリ - 独り言

注意し易いのか自分

気のせいかも知れないけど自分は注意し易いヤツと思われているようです。
一例としてアカショウビン撮りに行ったときにボクだけ注意されたのです。(T_T)ノ
鳥の出会い系(笑)TORIIさんと一緒だったからアカショウビンに2度も会えました。
帰る時に何となく、もう一度、最初のポイントに足が向いた二人です。
ポイントに立ち止まって出た時の感慨にふけっていたときに声をかけられたのです。


「あの~ここで撮影しないでください」 オズオズ(^_^;

振り返ると、気が弱そうで実は小難しいと思われるヤツが声をかけてきたのです。
先ほどからチラチラ自分のことを見ていたので気になっていたのです。
「この木道 2mほどのところにアカショウビンが営巣しているのです」

自分「...あ、自分は先ほど撮れたので良いですよ」
と言って、その場を立ち去ったのですが、後で考えると実にトンチンカンな返事をしたものです。σ(^_^;)
そう言えば、このポイントの手前で、さっきは見かけなかった張り紙があったのです。
カメラのシャッター音でアカショウビンが近づかなくなったとの新聞記事をコピーしたものでした。
きっと、こいつが偏った情報をリークして書かせたに決まっています。(≧ヘ≦) ムゥ
フィールドスコープで野鳥観察している自分達の方が正しいバーダーだと思っているのでしょうか。
そして、ここで撮影する気の弱そうなカメラマンを見定めて注意するのです。
だいたい、シャッター音で野鳥は逃げません!
大勢でシャッター切っているときアカショウビンは「キョロローン」と気持ちよさそうに鳴いていました。
注意するならEOS 40Dの軽薄な音(笑)よりEOS 1Dの方がシャッター音が高いです。
フィールドスコープも含めて50人も待機している事がストレス与えていると思います。(きっぱり)

ラジコン仲間Mさんが書いていました。


記事抜粋
---------------------------------------------------------------
鳥撮りで頑張っているHPを見ると、機材と忍耐が必要だそうです。
今日も長いレンズにごつい3脚の人にジロリと睨まれました・・・
---------------------------------------------------------------
ジロリと睨まれましただって....よくあることです、情けないです。(-o-;)

ジャストタイミングで、こまたんがブログで書いていました。

記事抜粋
---------------------------------------------------------------
一部の人間は自分が正義であるかのように
勘違いをしている事に本人は気がついていない。
---------------------------------------------------------------
それにしても注意し易いのか?
間の抜けたスヌーピーのような顔している自分だからね。(^_^;)

地元の里山のカワセミ池でのことです。先客が2人いたので律儀に挨拶した自分です。
カワセミが出てないのを確認して一段下の浅瀬に降りてサービスセンターでの
ベストピント調整後の確認をしていました。
すると、上から声をかけられたのです。

「カワセミ狙いなら下に降りないでください!左の枝に来ることがあるので」

ちょっと癖のある顔したヤツで休日は、この場をしきっているのでしょうか。
従順な自分は文句を言わずに、その場を立ち去ったのです。(ヘタレとも言う)

後日、この話を地元のベテランに話したら、こう言うのです。
ベテラン「あそこは問題ないよ、下に降りても、ここのカワセミは左の枝に来るからね」
確かに~ TORIIさんと一緒の時に下に降りて近くで撮ったことがあったのです。
その後、注意してみると、みんな下に降りて撮ってるんです。

やっぱりだ!注意し易い自分だからでしょうか。…_| ̄|○ 

そしてベテランは「メタボ」の話をしてくれたのです。
メタボとは体型からくる渾名で赤シャツ、赤帽子のバーダーだそうです。
この話は里山以外での事です。
土手上に一列になって三脚を並べてカワセミが出るのを待っていたら、
後からメタボがやってきて勝手に下の浅瀬に降りてしまったのです。
「下にいるとカワセミ来なくなるから」と何度、注意しても言うことを聞きません。
一人が降りて、肩に手をかけたところ、暴力を振るわれたと110番したので
パトカーが来て大騒ぎとなったそうです。(-o-;)
土手上にいた3人も証人として事情聴取されたとのこと。

その後、メタボは現れなくなったそうですが、皆さんの近くで見かけたら要注意です。
自分もメタボだけど、人の注意は甘んじて受ける気が弱い男なんです。σ(^_^;)
---------------------------------------------------------------
先日、ハヤブサ撮りに、しらす丼で有名な島に行きました。
ラジコン仲間Mさんに5日遅れで行ったことになります。(^o^)
カメラザックを足下に置いて三脚を立てて機材を準備していた時のことです。

「ザックはそこに置かない!あっちに置く!そこは人が歩くから!」
と口をへの字に結んだ気難しい顔のジジイが近づいて来て言ったのです。
自分もジジイだけど、そんな失礼な事は言いません!(≧ヘ≦) ムゥ
後で「地元の人には敵わねぇよ」と言っていたので地元の人ではないようです。

どこにでも場を仕切りたがる自称ベテランがいるのには困ります。(≧ヘ≦) ムゥ
自分達がカメラザックを仮置きした場所は通り路ではありません!(きっぱり)
・・・だから、その場所は意地でも変えませんでした。(▼▼メ) y-
その後、自分達が三脚にカメラザックを吊り下げたのを見て...黙ってしまいました。

観察していると少し離れた所に他の人が置いても何も言わないのです。
要するに自分のテリトリーの近くに来た人間を排除するために攻撃するのです。
若者が二人「あの~皆さん何を狙っているのですか?」とコイツに聞いてました。
口をヘの字にして無言で睨みつけてました。オイオイ(^_^;

そして海に向かって立ち小便する最低の輩(ヤカラ)でした。
TORIIさんは鷹揚に構えて文句言いません。(-。-)y-゜゜゜
流石「金持ち喧嘩せず」ですね...自分はナメられ易いのでしょうか?


バーロ~ ゼーゼー(@_@)

歳をとると怒りっぽくなると言うのは本当です。σ(^_^;) 



























ブログトップ > カテゴリ - 独り言

利き目って何よ

MYホームページ「お父さんのファンフライ入門」のコンテンツの一つ
「デジタル一眼入門」を更新したので紹介します。記事をコピペしました。

■利き目って何よ。
スポーツや野鳥を撮影するときは利き目で
ファインダーを見て、もう他方の目もあけて周囲の状況を掴む、
いわゆる両眼視が良いそうです。

WEBで利き目の調べ方を試して自分の利き目は左目だと思っていました。
で、左目でカメラのファインダーを覗いて右目は閉じていたのです。(^_^;

駄菓子菓子(笑)

先日、眼鏡店での検眼で指摘されたのです。
「いいえ、お客様の利き目は右目です」(きっぱり)

左で見る習慣を続けていると脳が擬似的に利き目を左に変えるとのこと。
これで最近、飛びモノ撮影がイマイチだった理由がわかりました。(ほんとか)

右目でファインダーを覗く練習をして慣れるようにします!
これからは納得のいく画像が思いのままです。(^^)

アーハハハ ←意味のない高笑い、しかもちょっとかすれているようだ。

なんか勘違いしているかも自分σ(^_^;)

《参考情報》

手や足と同じように、よく使う側の目を”利き目”と言います。
人は利き目を軸とし、もう片方の目で利き目を補いながら立体的に物を見ています。
日本人の場合、右目が利き目の人は70%以上といわれているそうです。

<利き目の調べ方>

①顔の正面に腕を伸ばして指を1本立てる。
②その指を窓枠など縦のものに重ね合わせる。
③左右の目を片方ずつ閉じてみる。
④両目で見た時と同じように重なって見える方が効き目です。





























profile

つねたん

Author:つねたん
横浜在住、AB型人間
フルタイム手持ち撮影
野鳥との出会いを徒然なるままに記録しています。

entry
category
archive
fc2counter
link
copyright
Author by つねたん

Designed by マンゴスチンw